コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイストス ファイストス Phaistos

2件 の用語解説(ファイストスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイストス
ファイストス
Phaistos

古代ギリシアの町で,クレタ島南海岸中央メサラ平原を見おろす約 100mの丘上に位置した。北西にゼウス誕生の場所といわれるイダ山が遠望される。発掘は 1900年イタリア人フェデリコ・ハルブヘルによって始められ,クレタ文明を代表する宮殿跡などの遺跡が発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファイストス【Phaistos】

クレタ島の南部,メッサラ平野にあるミノス文明時代の宮殿址。宮殿はこの平野に西方から入りこんだ低い丘陵の端に建つ。豊かな平野の収穫と近くの港による海上貿易とによって成長した勢力が,前2000年ころここに旧宮殿を建て,地震による崩壊後,その上に新宮殿が前1700年ころ再建された。旧宮殿からは多数のカマレス陶器が出土している。新宮殿の面積は約8400m2で他のミノス文明の宮殿と同様,中央中庭を囲む多数の部屋と高層部をもつ一大集塊的建造物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファイストスの関連キーワードイラクリオンクレタ島クレタ文明ミノア文明ラビリンスイディ山Μάταλαアルミノテルミー法ミノス文明クレタ島の牡牛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファイストスの関連情報