ファームバンキング(読み)ふぁーむばんきんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファームバンキング

銀行などの金融機関が行っている企業向けの顧客サービスのひとつ。金融機関と企業にある専用のコンピューターまたは端末通信回線で結び、預金の残高照会や給与の振り込みなどがオンラインで行える。家庭の顧客向けに提供している同様なサービスをホームバンキングという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ファームバンキング【firm banking】

インターネットバンキングの一種。企業がコンピューターネットワークを通じて、銀行などの金融機関のサービスを利用すること、またはそれを実現するためのシステム。口座振り込みや振り替えをはじめ、残高照会・外国への送金・給与振り込み・税金納付などのサービスを利用できる。⇒インターネットバンキングホームバンキング

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ファームバンキング

firm+banking〕
企業と銀行をオンライン化し、金融業務や企業情報の提供などを行うシステム。 FB 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android