ファームバンキング(読み)ふぁーむばんきんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファームバンキング

銀行などの金融機関が行っている企業向けの顧客サービスのひとつ。金融機関と企業にある専用コンピューターまたは端末通信回線で結び、預金の残高照会や給与の振り込みなどがオンラインで行える。家庭の顧客向けに提供している同様なサービスをホームバンキングという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ファーム‐バンキング(firm banking)

コンピューターシステムの利用により、銀行が取引先企業に提供する総合的な金融サービス。銀行と取引先企業とを通信回線で結び、通常取引のほかに、財務管理や金融情報の提供なども行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ファームバンキング【firm banking】

インターネットバンキングの一種。企業がコンピューターネットワークを通じて、銀行などの金融機関のサービスを利用すること、またはそれを実現するためのシステム。口座振り込みや振り替えをはじめ、残高照会・外国への送金・給与振り込み・税金納付などのサービスを利用できる。⇒インターネットバンキングホームバンキング

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ファーム‐バンキング

〘名〙 (firm banking) 銀行が取引先企業と互いのコンピュータを通信回線で結ぶことによって、多量の情報や取引を即座に処理できる金融サービスシステム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android