コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィランソロピー ふぃらんそろぴー

4件 の用語解説(フィランソロピーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フィランソロピー

企業による社会貢献活動の総称。フィランソロピーは、アメリカでは個人や企業による社会貢献活動や、寄付行為に対する呼称として定着している。一方、日本ではフィランソロピーは「博愛主義」や「慈善」と訳され、企業による公益活動のみを意味することが一般的である。フランス語由来の「メセナ」と意味が混同されやすいが、メセナは企業による芸術、文化への支援活動をさし、フィランソロピーは企業の社会的な公益活動全般を指す。フィランソロピーには、企業による従業員のボランティア活動への支援、従業員が行った寄付に応じて企業も寄付を行なうマッチングギフトなど、メセナよりも多種多様の社会貢献が含まれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フィランソロピー(philanthropy)

《「フィランスロピー」とも》慈善。博愛。また、慈善活動。(企業などの)社会貢献活動。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フィランソロピー【philanthropy】

〔慈善の意〕
企業などによる社会貢献活動。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィランソロピー
フィランソロピー
philanthropy

文化や福祉の支援活動など民間企業が行なう社会的な公益活動。フィランソロピーは博愛,慈善の意。欧米では企業の利益の一部は社会に還元するのは当然という考え方があり,税引き前利益の1%をフィランソロピーの目途としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィランソロピーの関連キーワード豊田工業大学ゼフィランサスボランティア休暇特定非営利活動促進法フィランスロピートヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーンアナフィラキシー様現象楽天IT学校エヌピーオー(NPO)ウルヴァリン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィランソロピーの関連情報