コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリキ・エテリア Philikí Etaireía

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリキ・エテリア
Philikí Etaireía

近代ギリシア語で「友好結社」を意味する。オスマン帝国からのギリシア独立を目標とした秘密結社。 1814年ロシアのオデッサで3人の貧しい商人によって結成された。 18世紀後半からのオスマン帝国の衰退とフランス革命以後の国民主義的風潮を背景として発展,ロシアに居留しているギリシア人将校 A.イプシランディスを首領とした。メンバーは 1000~3000人,その 60%が商人であった。 21年3月対オスマン帝国反乱をルーマニアで起したが,ファナリオテスの重圧下にあったルーマニア人民衆とロシア軍の援助を得られずに失敗。以後消滅したが,反乱はギリシア独立戦争の発端となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリキ・エテリアの関連キーワードイプシランディス(弟)イプシランディス(兄)ヘタイリア・フィリケドラガシャーニの戦いギリシア史[近代]コロコトロニスカラジョルジェマクリヤンニス近代ギリシア語コレッティスボツァリスエテリア

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android