コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリキ・エテリア Philikí Etaireía

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリキ・エテリア
Philikí Etaireía

近代ギリシア語で「友好結社」を意味する。オスマン帝国からのギリシア独立を目標とした秘密結社。 1814年ロシアのオデッサで3人の貧しい商人によって結成された。 18世紀後半からのオスマン帝国の衰退とフランス革命以後の国民主義的風潮を背景として発展,ロシアに居留しているギリシア人将校 A.イプシランディスを首領とした。メンバーは 1000~3000人,その 60%が商人であった。 21年3月対オスマン帝国反乱をルーマニアで起したが,ファナリオテスの重圧下にあったルーマニア人民衆とロシア軍の援助を得られずに失敗。以後消滅したが,反乱はギリシア独立戦争の発端となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フィリキ・エテリア

19世紀に結成された、オスマン帝国からのギリシャ独立を目指す秘密結社。1814年、ロシアのオデッサで3人のギリシャ商人が結成、商人を中心にメンバーを増やす。1820年、将校イプシランディスが指導者となり、翌年ギリシャ独立戦争のきっかけとなる最初の武装蜂起を行った。「ヘタイリア・フィリケ」「エテリア・フィリキ」「友愛会」などともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android