コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン独立教会 フィリピンどくりつきょうかいPhilippine Independent Church

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン独立教会
フィリピンどくりつきょうかい
Philippine Independent Church

1896~98年の反スペイン革命後,スペイン人聖職者の支配に反対してフィリピンのローマ・カトリック信者が 1902年に結成した独立教会。スペイン人聖職者,政府官吏を批判したため投獄されていた上院議員イサベロ・デ・ロス・レイエスの要請で,革命運動のため破門されていたフィリピン人司祭 G.アグリパイが翌 03年新教会の最高司教に就任。礼拝様式は常にローマ・カトリック的であったが,教義はユニテリアン主義の影響を強く受けた。 46年ユニテリアン派が脱退,47年三位一体主義に立つ新信仰宣言がなされた。 48年アメリカ・プロテスタント・エピスコパル教会が3名の独立教会司教を叙階。 61年イギリス国教会および古カトリック諸教会との一致を達成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィリピンどくりつきょうかい【フィリピン独立教会 Philippine Independent Church】

ローマ・カトリック教会から分離したフィリピンの民族教会。フィリピン革命の過程でフィリピンのローマ・カトリック教会の裁治権を民族化しようとする構想が生まれた。革命軍宗務総長に任命されたフィリピン人司祭アグリパイが1898年10月に教会の民族化を宣言し,1年後には民族教会の創立が決議され,アグリパイらはローマ教皇の承認を求めたが実現しなかった。革命敗北後,1902年8月に民族主義者イサベロ・デ・ロス・レイエスがローマから分離したフィリピン独立教会の創立を提案し,アグリパイを大司教に指名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフィリピン独立教会の言及

【フィリピン】より

…これはスペインの遺産であって,各町に教会が置かれ,人々はここで毎週日曜日にミサをあげ,洗礼,婚礼などの人生の主要儀礼を行う。しかし,同じキリスト教徒でもそこにはローマ・カトリック(85%),プロテスタント(3%),フィリピン独立教会(4%),イグレシア・ニ・クリスト(キリストの教会,1%)などの派がみられ,別々の教会で別々の儀礼を執り行う。残る7%の人口のうち4~5%がイスラム教徒で,南部を中心に約250万人を数える。…

※「フィリピン独立教会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィリピン独立教会の関連キーワードグレゴリオ アグリパイ・クルーズ・イ・ラバヤンローマ・カトリック教会ルソン島イロカノ