コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルヒナー Filchner, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルヒナー
Filchner, Wilhelm

[生]1877.9.13. ミュンヘン
[没]1957.5.7. チューリヒ
ドイツの探検家。 1903~05年チベット東部探検を指揮。 11~12年ウェッデル海南極大陸を探検,フィルヒナー棚氷を発見。 26~28,34~38年にチベット,39~40年はネパールに行き,地磁気を記録。主著に"Das Kloster Kumbum in Tibet" (1906) ,"Ein Forschnerleben" (50) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フィルヒナー

ドイツの探検家,地理学者数度にわたり中央アジア,チベット等を探検し,諸方に地磁気観測所を設けた。1911年―1912年には南極探検を指揮した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

フィルヒナーの関連キーワードフィルヒナーロンネ棚氷バークナー島9月13日ロンネ棚氷南極海棚氷

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android