コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルヒナー Filchner, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルヒナー
Filchner, Wilhelm

[生]1877.9.13. ミュンヘン
[没]1957.5.7. チューリヒ
ドイツの探検家。 1903~05年チベット東部探検を指揮。 11~12年ウェッデル海南極大陸を探検,フィルヒナー棚氷を発見。 26~28,34~38年にチベット,39~40年はネパールに行き,地磁気を記録。主著に"Das Kloster Kumbum in Tibet" (1906) ,"Ein Forschnerleben" (50) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィルヒナー

ドイツの探検家,地理学者数度にわたり中央アジア,チベット等を探検し,諸方に地磁気観測所を設けた。1911年―1912年には南極探検を指揮した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

フィルヒナーの関連キーワードフィルヒナーロンネ棚氷バークナー島9月13日ロンネ棚氷南極海棚氷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android