フウチョウソウ科(読み)フウチョウソウか(英語表記)Capparaceae(Capparidaceae)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウチョウソウ科
フウチョウソウか
Capparaceae(Capparidaceae)

双子葉植物ケシ目の1科。世界の熱帯から暖温帯にかけて広く分布し,40属約 800種が知られる。特に乾燥地域に適応した種類も多い。大半は木本であるが,わずかに草本やつる植物もある。葉は互生し,乾燥地のものでは巻込んで棒状になったり,厚い毛におおわれる。単葉のほか,掌状に裂けるもの (フウチョウソウ〈風蝶草〉など) も多い。花は4数性で,4枚ずつある萼片と花弁は互生の関係につく。おしべは多数。果実は液果核果などとなる。観賞用に栽培されるフウチョウソウや,つぼみを酢漬にして食用とするケーパー caperなどがある。分類学上は Cleomaceae (狭義のフウチョウソウ科) などいくつかの科に細分することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフウチョウソウ科の言及

【フウチョウボク】より

…フウチョウソウ科の無毛の低木。托葉はとげ状となり,葉は厚紙質で長楕円形,長さ10~15cmほど。…

※「フウチョウソウ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android