コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリアー フェリアー Ferrier, Kathleen

3件 の用語解説(フェリアーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリアー
フェリアー
Ferrier, Kathleen

[生]1912.4.22. ランカシャー
[没]1953.10.8. ロンドン
イギリスアルト歌手。電話交換手であったが,結婚後しろうとの歌のコンクールで優勝,25歳から正式に声楽を学びはじめた。 1943年ウェストミンスター寺院の『メサイア』のソリストとしてデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フェリアー

英国のアルト歌手。ランカシャー生れ。ピアノ奏者を志すが,経済的理由から14歳で電話交換手になる。1937年のコンクール優勝で名指揮者M.サージェント〔1895-1967〕らに見出され,声楽の道に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェリアー
ふぇりあー
Kathleen Ferrier
(1912―1953)

イギリスのコントラルト歌手。ランカシャーのハイアウォルトンに生まれる。当初ピアニストを目ざしたが、伴奏などを務めるうちに声楽に興味を覚え、1937年に地方コンクールで一位になって以来、声楽の研鑽(けんさん)に専心。43年ジェラルド・ムーアの伴奏により最初のリサイタル、46年ブリテンの『ルクリーシアの凌辱(りょうじょく)』でオペラにデビュー。翌年にはグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』に出演したが、この二作を除きオペラには出ず、もっぱら歌曲、宗教音楽などで活躍した。癌(がん)のため41歳でロンドンに没。深く豊かな声、純粋な叙情をたたえた表現により、印象深い歌唱を行い、とくにブルーノ・ワルターとの共演は名高い。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェリアーの関連キーワードエアシャーオールダムチャージャーランカシャーグランカブリオシャーボランカシャー・ヒーラーランカシャースタイルランカシャー・チェシャー平野ランカシャー・ボイラー

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェリアーの関連情報