コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェンランド Fenland

翻訳|Fenland

世界大百科事典 第2版の解説

フェンランド【Fenland】

イギリス,イングランド東部に広がる広大な平野。単に,〈沼地〉を意味する〈フェンズthe Fens〉とも呼ばれる。北海の入江であるウォッシュ湾の西岸から南岸のリンカンシャー,ケンブリッジシャーサフォークノーフォーク4州にかけて横たわり,南北の最大長約117km,東西の最大幅約58kmで総面積約3400km2。ウォッシュ湾の埋積によって形成され,点在する微高地を除いては全域が標高15m以下の低地である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフェンランドの言及

【イギリス】より

…そのうちチルターン丘陵,ウィールド丘陵などの石灰岩や白亜層の部分は急斜面を,ロンドン盆地やテムズ川上流地域などの粘土質の部分は河谷を形成し,典型的なケスタ地形の発達をみる。(10)イングランド東部平野 ケスタ地帯の延長部ではあるが,氷食を受けて波状地となったイースト・アングリア地域と,ウォッシュ湾岸の沖積平野で泥炭(ピート)とシルトでおおわれるフェンランド地域からなる。
[気候]
 イギリス諸島の気候は,その位置が中緯度の大陸西岸にあることから,偏西風とメキシコ湾流(北大西洋海流)の影響を受けて,典型的な西岸海洋性気候となる。…

【イングランド】より

…一方,低地にもドーバーの白亜崖で有名なノース・ダウンズ丘陵をはじめ,ソールズベリー,チルターン,コツウォルド,ヨークシャーの各丘陵が扇形に広がり,それらの間に粘土層の河谷が介在してケスタ地形を呈している。このため規模の大きな平野は,イースト・アングリア地方やフェンランド低地など東部で展開するにすぎない。気候は西岸海洋性気候に属するため温暖であり,一般に東部に比べて西部の方が夏冷涼,冬温和で年較差が小さい。…

【ウォッシュ湾】より

…後氷期の海進によって形成され,かつてはケンブリッジやピーターバラ付近まで湾が広がっていたが,ウーズ,ネン,ウェランド,ウィザムなどの河川によってしだいに埋積された。沿岸一帯はフェンランドFenlandと呼ばれる大沼沢地であり,ローマ時代から開発が試みられ,17世紀に排水・干拓事業が完成した。海岸や湾内には湿地,砂堆が多く,主要港のボストン,キングズ・リンへは浚渫(しゆんせつ)航路が通じている。…

※「フェンランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェンランドの関連キーワードクロムウェル(Oliver Cromwell)ベッドフォード(伯・公家)イースト・アングリアウーズ[川]ケンブリッジ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android