コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッジア

3件 の用語解説(フォッジアの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フォッジア

イタリア南部プーリア州の都市。プーリア卓状地の交通・商業の中心地で,製紙・食品工業行われる。12世紀の聖堂がある。15世紀半ばからアラゴン王家による放牧税徴税の中心地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォッジア【Foggia】

イタリア南部,プーリア州の都市。プーリア卓状地の中心で,カピタナータ地方ともいわれるフォッジア県の県都。人口15万5892(1994)。農業,商業の中心地で,製紙・繊維・金属・機械工業もある。フリードリヒ2世が好んで滞在した城があり,アンジュー家時代に商業が発展した。アラゴン家は1447年に高地と低地を移動する羊の群れに〈放牧税〉をかけ,フォッジアがその徴税の中心地であった(1806廃止)。1648年ナポリやプーリアのほかの都市とともにスペイン支配に反抗。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォッジア
ふぉっじあ
Foggia

イタリア南部、プーリア州フォッジア県の県都。人口14万6072(2001国勢調査速報値)。イタリア半島部では最大の面積(3000平方キロメートル)で有数の穀倉地帯をなす平野タボリエーレの中心地。硬質小麦のほかブドウオリーブアーモンドタバコなどを産し、食品加工業も行われる。11世紀に起源を有するが、現在の市は1731年の大地震以後に再建されたもの。8月の平均気温26℃で、イタリアでもっとも暑い都市の部類に入る。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone