コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォティオス Phōtios

世界大百科事典 第2版の解説

フォティオス【Phōtios】

820ころ‐891ころ
ローマ教会と対立したコンスタンティノープル総主教。在位858‐67,877‐86年。首都の大学で神学,修辞学を講じる学者であると同時に,宮廷に勢力のある高級官僚でもあったが,罷免された総主教イグナティオスIgnatios(在位847‐858,867‐877)の後任として,俗人でありながら,総主教に任命された。この人事にローマ教皇ニコラウス1世が介入し,〈フォティオスの分離〉として知られる両教会の対立がおこった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォティオス
ふぉてぃおす
Photios
(820ころ―891ころ)

コンスタンティノープル総主教(858~867、877~886)。858年前任者イグナティオスの後を襲って総主教になったが、俗人(東ローマ帝国の貴族出身の高級官僚)で聖職と関係がなかったことから、ローマ教皇ニコラウス1世は教会法違反だとして彼を破門した。しかしフォティオスは逆に、867年東方の総主教たちに主教会議開催の回勅を送り、そのなかで西方教会の慣行および教義問題、すなわち聖霊の発出について西方でニカイア・コンスタンティノープル信条に「子よりもまた」(フィリオクェ)の一句を挿入したことを異端として非難した。この教皇首位権とフィリオクェ問題によって、東西両教会は完全な分離(1054)へと発展したのである。867年皇帝ミカエル3世の死後、罷免されるが、10年後に復帰。886年皇帝レオ6世によってアルメニアに追放された。また古典学者としても学識が広く、主著『万巻抄』をはじめ多数の書物を残した。[山川令子]
『プレオブラゼンスキイ著、石川喜三郎訳『総主教フオテイ評伝』(1902・正教会) ▽森安達也著『世界宗教史叢書3 キリスト教史』(1978・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフォティオスの言及

【ニコラウス[1世]】より

…聖人。司教はすべて教皇に直接訴える権利があるとして,訴えによってコンスタンティノープル教会の内紛に干渉し,皇帝が認可したコンスタンティノープル総主教イグナティオスIgnatiosの辞任とフォティオスの登位を認めず,フォティオスを破門(863)。ブルガリア布教をめぐってもコンスタンティノープルと対立,東西両教会分離の第一歩を踏みだした。…

【ビザンティン帝国】より

…スラブ人への使徒,キュリロスとメトディオスはキリスト教布教のためモラビアに旅立ち(863),キエフ・ロシアのコンスタンティノープル襲撃(860)は,ビザンティン政府に,彼らのキリスト教改宗を思いつかせた。コンスタンティノープル教会のこの威勢を背景におこったのが,総主教フォティオスの,ニコラウス1世およびその後継のローマ教皇たちとの対立である(860‐879)。 バシレイオス1世(在位867‐886)から,同2世に至るその後継者たちのもとで,ビザンティン帝国の軍事力は最も伸張した。…

【プロクロス】より

…《クレストマテイア》と題するギリシア文学案内4巻の作者。最初の2巻が9世紀のコンスタンティノープル総主教フォティオスの抜粋によって伝わっている。古代末期に編纂されたこの種の多くの摘要集中,伝存する最古のもの。…

※「フォティオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォティオスの関連キーワードバシレイオス(1世)バシレイオス[1世]オリュンピオドロスフィレンツェ公会議ニコラウス[1世]カトリック教会マケドニア朝キリスト教プロクロス大語義字典アレタス宗教会議

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android