コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォノライト(英語表記)phonolite

翻訳|phonolite

世界大百科事典 第2版の解説

フォノライト【phonolite】

準長石族の斑晶を含むフェルシックなアルカリ岩の名称。響岩(きようがん)ともいう。斑晶鉱物としてアルカリ長石,ネフェリン,アルカリ角セン石,エジリンオージャイト,エジリン,時にアウイン,リューサイト,ソーダライト,ノゼアン,カンラン石,黒雲母を含む。石基は完晶質のことが多い。大陸内部のリフト帯の火山岩の一部として産する。日本ではみられない。【宇井 忠英】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォノライト
ふぉのらいと
phonolite

狭義ではアルカリ長石を主体に準長石の霞石(かすみいし)を伴う細粒の火山岩。広義ではアルカリ長石、霞石、白榴(はくりゅう)石、ソーダライト(方(ほう)ソーダ石)のいずれかと苦鉄質鉱物からなる火山岩をいう。霞石閃(せん)長岩に相当する化学組成をもつ。斑状(はんじょう)組織を示すことが多いが斑晶は少ない。ときには無斑晶のこともある。斑晶鉱物はアルカリ長石(サニディンかアノーソクレース)、霞石、方沸石、ノゼアンnosean、アウインhayne、ソーダライト、白榴石、輝石(エジリンオージャイト、エジリン)、角閃石(ヘスティング閃石、鉄パーガス閃石、アルベゾン閃石、リーベック閃石)、黒雲母(くろうんも)、橄欖(かんらん)石など多数に及ぶ。石基はアルカリ長石(サニディン)、霞石、白榴石、方沸石、エジリン、チタン磁鉄鉱、黒雲母、燐灰(りんかい)石、ジルコン、チタン石、ガラスなどからなり、粗面岩状あるいは粒状の組織を示す。板状に割れた緻密(ちみつ)な岩片をハンマーで軽く打つと澄んだ音が出るので響岩(きょうがん)ともいう。英名も音(phone)に由来する。[千葉とき子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例