フォルマリアージュ

百科事典マイペディアの解説

フォルマリアージュ

中世西欧封建社会で婚姻により農奴が領外に去るのを制限すること。支配権の錯綜と労働力流出につながるため禁止されていたが,のちに領主に貢租を納めることで許されるようになり,これはふつう結婚税と呼ばれる。領主間で自由移動の協定が結ばれることもあり,次第に衰退した。
→関連項目農奴

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルマリアージュ【formariage[フランス]】

西欧中世の領主による領民への結婚の制限を指す用語。領主は,領民の人身への支配を貫徹するために,その結婚を制限しており,ことに,領主支配圏の外部に生活する者との結婚は,領民の移出や子どもへの支配権の錯綜を呼び起こすために,厳しい制約のもとにおかれていた。このように,領民が家族を構成することを原則として認めた上で,領主が支配下にある領民数の減少を防ぐために行う結婚の制限が,〈外への結婚〉を意味するフォルマリアージュと呼ばれ,領主の農奴への人身的支配の象徴でもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android