コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルマリアージュ

3件 の用語解説(フォルマリアージュの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フォルマリアージュ

中世西欧封建社会で婚姻により農奴が領外に去るのを制限すること。支配権の錯綜と労働力流出につながるため禁止されていたが,のちに領主に貢租を納めることで許されるようになり,これはふつう結婚税と呼ばれる
→関連項目農奴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルマリアージュ【formariage[フランス]】

西欧中世の領主による領民への結婚の制限を指す用語。領主は,領民の人身への支配を貫徹するために,その結婚を制限しており,ことに,領主支配圏の外部に生活する者との結婚は,領民の移出や子どもへの支配権の錯綜を呼び起こすために,厳しい制約のもとにおかれていた。このように,領民が家族を構成することを原則として認めた上で,領主が支配下にある領民数の減少を防ぐために行う結婚の制限が,〈外への結婚〉を意味するフォルマリアージュと呼ばれ,領主の農奴への人身的支配の象徴でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルマリアージュ
フォルマリアージュ

領外婚姻税」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone