コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーサイト家物語 フォーサイトけものがたり

百科事典マイペディアの解説

フォーサイト家物語【フォーサイトけものがたり】

ゴールズワージーの小説。ビクトリア朝から1920年代におけるイギリス中流階級のフォーサイト一族の年代記で,《財産の人》(1906年),《裁判ざた》(1920年),《貸家》(1921年)の三部作と,その間奏ともいえる小品《フォーサイトの小春日和》(1918年)《目ざめ》(1920年)からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

フォーサイトけものがたり【フォーサイト家物語】

《原題The Forsyte Sagaゴールズワージーによる連作小説。1922年刊行。1906年発表の長編小説「財産家」に、「窮地」「貸家」の長編2作と、「フォーサイトの小春日和」「目覚め」の短編2作を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーサイト家物語
ふぉーさいとけものがたり
The Forsyte Saga

イギリスの作家ゴールズワージーの長編連作小説。1922年刊。『資産家』(1906)、『窮地』(1920)、『貸家』(1921)の三長編と、『小春日和(こはるびより)』(1918)、『目覚め』(1920)の二短編からなる。ビクトリア朝時代の典型的ブルジョア、フォーサイト一族の物語を、1886年から第一次世界大戦直後の時代までたどっている。
 第一部『資産家』では、物欲本能の権化(ごんげ)のようなソームズ・フォーサイトと、彼の物質主義に反逆して自由を求める美貌(びぼう)の妻アイリーニ、芸術家肌の建築家ボシニーとの三角関係を、第二部『窮地』では、ソームズ、アイリーニと、従兄弟(いとこ)の画家ジョリオンとの葛藤(かっとう)が描かれる。第三部『貸家』では、物語は次の世代に移り、ソームズと後妻の間にできた娘と、ジョリオンとアイリーニの間にできた息子との恋愛が中心になる。作者の意図は、フォーサイト家の人々の物質主義と功利主義を、自由な人間的感情や美と愛に対する情熱と対立させて、批判、風刺することにあった。19世紀後半から20世紀初頭にかけての社会史の断面をうかがわせて興味深い。[小松原茂雄]
『臼田昭・石田英二・井上宗次訳『フォーサイト家物語』全3冊(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォーサイト家物語の関連キーワードジョン ゴールズワージー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android