コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーサイト家物語 フォーサイトけものがたり

3件 の用語解説(フォーサイト家物語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フォーサイト家物語【フォーサイトけものがたり】

ゴールズワージーの小説。ビクトリア朝から1920年代におけるイギリス中流階級のフォーサイト一族の年代記で,《財産の人》(1906年),《裁判ざた》(1920年),《貸家》(1921年)の三部作と,その間奏ともいえる小品《フォーサイトの小春日和》(1918年)《目ざめ》(1920年)からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

フォーサイトけものがたり【フォーサイト家物語】

《原題The Forsyte Sagaゴールズワージーによる連作小説。1922年刊行。1906年発表の長編小説「財産家」に、「窮地」「貸家」の長編2作と、「フォーサイトの小春日和」「目覚め」の短編2作を加えたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーサイト家物語
ふぉーさいとけものがたり
The Forsyte Saga

イギリスの作家ゴールズワージーの長編連作小説。1922年刊。『資産家』(1906)、『窮地』(1920)、『貸家』(1921)の三長編と、『小春日和(こはるびより)』(1918)、『目覚め』(1920)の二短編からなる。ビクトリア朝時代の典型的ブルジョア、フォーサイト一族の物語を、1886年から第一次世界大戦直後の時代までたどっている。
 第一部『資産家』では、物欲本能の権化(ごんげ)のようなソームズ・フォーサイトと、彼の物質主義に反逆して自由を求める美貌(びぼう)の妻アイリーニ、芸術家肌の建築家ボシニーとの三角関係を、第二部『窮地』では、ソームズ、アイリーニと、従兄弟(いとこ)の画家ジョリオンとの葛藤(かっとう)が描かれる。第三部『貸家』では、物語は次の世代に移り、ソームズと後妻の間にできた娘と、ジョリオンとアイリーニの間にできた息子との恋愛が中心になる。作者の意図は、フォーサイト家の人々の物質主義と功利主義を、自由な人間的感情や美と愛に対する情熱と対立させて、批判、風刺することにあった。19世紀後半から20世紀初頭にかけての社会史の断面をうかがわせて興味深い。[小松原茂雄]
『臼田昭・石田英二・井上宗次訳『フォーサイト家物語』全3冊(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォーサイト家物語の関連キーワードグレートビクトリア砂漠ゴールズワージーサッカレービクトリア湖問題劇ゴールエリアビクトリア勲章ビクトリーランジョージ広場ビクトリア滝

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone