コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーレンダム フォーレンダム Volendam

3件 の用語解説(フォーレンダムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フォーレンダム(Volendam)

オランダ、ノルトホラント州、アイセル湖に面する港町。赤い瓦屋根と煉瓦(れんが)造りの建物、伝統的な民族衣装が見られ、観光地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォーレンダム【Volendam】

オランダ,北ホラント州の都市エダムEdamの観光の名所。アムステルダムの北東20kmにあり,かつては漁業で栄えていた一漁村であったが,ゾイデル海が淡水湖(アイセル湖)に変えられて以来,漁業は振るわなくなり,代わってすぐ近くのマルケンMarken島とともにオランダ有数の観光地として有名になった。独特の民俗衣装やはね橋,木造の家などが人気を呼んでいる。17世紀に造られた木造の教会や博物館などがある。【佐藤 弘幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーレンダム
ふぉーれんだむ
Volendam

オランダ西部、ノールト・ホラント州にある漁村。エダム-フォーレンダム市Edam-Volendam(人口2万7687、2001)に属する。アイセル湖に面し、古風な建物と民族衣装で知られる観光地。西方のエダムへの新水路が14世紀中ごろに建設され、そのダム(堰堤(えんてい))が村の起源となった。女性の縞(しま)模様の服ととんがり帽子、男性の黒の漁師服、それに木靴という伝統的風俗が残り、多くの芸術家が来住した。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォーレンダムの関連キーワードゴーダデルフトホラントライデンエダムランダムエダムチーズナールデンマドゥローダムムイデン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォーレンダムの関連情報