コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーレンダム Volendam

デジタル大辞泉の解説

フォーレンダム(Volendam)

オランダ、ノルトホラント州、アイセル湖に面する港町。赤い瓦屋根と煉瓦(れんが)造りの建物、伝統的な民族衣装が見られ、観光地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フォーレンダム【Volendam】

オランダ,北ホラント州の都市エダムEdamの観光の名所。アムステルダムの北東20kmにあり,かつては漁業で栄えていた一漁村であったが,ゾイデル海が淡水湖(アイセル湖)に変えられて以来,漁業は振るわなくなり,代わってすぐ近くのマルケンMarken島とともにオランダ有数の観光地として有名になった。独特の民俗衣装やはね橋,木造の家などが人気を呼んでいる。17世紀に造られた木造の教会や博物館などがある。【佐藤 弘幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーレンダム
ふぉーれんだむ
Volendam

オランダ西部、ノールト・ホラント州にある漁村。エダム-フォーレンダム市Edam-Volendam(人口2万7687、2001)に属する。アイセル湖に面し、古風な建物と民族衣装で知られる観光地。西方のエダムへの新水路が14世紀中ごろに建設され、そのダム(堰堤(えんてい))が村の起源となった。女性の縞(しま)模様の服ととんがり帽子、男性の黒の漁師服、それに木靴という伝統的風俗が残り、多くの芸術家が来住した。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例