コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサカサゴ(総笠子) フサカサゴ

世界大百科事典 第2版の解説

フサカサゴ【フサカサゴ(総笠子)】

カサゴ目フサカサゴ科フサカサゴ属の海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。眼の上方にふさ状の皮質突起があることに由来した名称。英名はフサカサゴ科を総称してscorpion fish(さそりのような魚)とかrock fish(岩のような魚)などといい,とげや色彩などに基づいている。フサカサゴ属は日本近海に7種3亜種が分布する。フサカサゴScorpaena neglecta neglecta(イラスト)は太平洋岸は千葉県以西,日本海側は新潟県以西の各地沿岸および朝鮮半島,台湾に分布し,やや深い岩礁地帯で生活する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android