フサカサゴ(総笠子)(読み)フサカサゴ

世界大百科事典 第2版の解説

カサゴ目フサカサゴ科フサカサゴ属の海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。眼の上方にふさ状の皮質突起があることに由来した名称。英名はフサカサゴ科を総称してscorpion fish(さそりのような魚)とかrock fish(のような魚)などといい,とげや色彩などに基づいている。フサカサゴ属は日本近海に7種3亜種が分布する。フサカサゴScorpaena neglecta neglecta(イラスト)は太平洋岸は千葉県以西,日本海側は新潟県以西の各地沿岸および朝鮮半島,台湾に分布し,やや深い岩礁地帯で生活する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android