カサゴ(読み)かさご(英語表記)scorpionfish

日本大百科全書(ニッポニカ)「カサゴ」の解説

カサゴ
かさご / 笠子

scorpionfish

硬骨魚綱スズキ目メバル科Sebastidaeの一部、フサカサゴ科Scorpaenidaeのほとんどすべて、ヒレナガカサゴ科Neosebadtidaeの魚類の総称、またはその1種。カサゴ類はフサカサゴ科に含まれていたが、近年(2000~2004)特徴の再評価が行われた結果、メバル科が確立され、フサカサゴ科から分離した。しかし従来どおり、これらをフサカサゴ科とする研究者もいる。一般に頭部に多数の棘(とげ)や隆起線が発達し、ごつごつした感じを与えるのが特徴。沿岸から深海の岩礁、砂場、藻場(もば)などの海底近くに生息し、世界各地から数百種が知られている。日本では南方系種と北方系種が入り混じって分布しているため、種類数が豊富で70種ほど産する。

[尼岡邦夫]

日本産の代表種

後述するメバル科カサゴのほか、水産上有用なユメカサゴHelicolenus hilgendorfiがいる。フサカサゴ科の特徴のある種類には、南日本の岩礁にすむフサカサゴScorpaena onariaやイズカサゴS. neglectaイソカサゴScorpaenodes evidesなどがあり、いずれも頭部の凹凸が激しく、多数の皮弁がある。シロカサゴ類にはシロカサゴSetarches guentheri、アカカサゴS. longimanus、クロカサゴEctreposebastes imusなどがあり、いずれも深海にすんでいる。観賞魚として水族館などで飼育されているミノカサゴPterois lunulataやキリンミノDendrochirus zebraは、胸びれが著しく大きく優美に泳ぐが、背びれの棘に毒腺(どくせん)があり、毒性が強いので、取扱いに注意が必要である。エボシカサゴEbosia bleekeriは頭頂部から大きな薄い板状物が飛び出し、烏帽子(えぼし)のようにみえる。ボロカサゴRhinopias frondosaは、体一面に皮弁があるので、ぼろきれをまとった感じがし、ナミダカサゴR. argolibaは目の下に棒状の白色の斑紋があり、涙のようにみえる。ハタタテカサゴIracundus signifierは、背びれの棘(きょく)状部が小魚に擬態し、これを動かして近づいてきた魚を食べる。ヒオドシPontinus macrocephalusは、目の上から長いひも状の皮弁が突出している特徴をもち、緋縅(ひおどし)に似ていることが名前の由来になっている。ヒレナガカサゴ科のヒレナガカサゴNeosebastes entaxisは13本の背びれが極端に長いのでこの名がある。

[尼岡邦夫]

繁殖と形態

メバル科やフサカサゴ科の魚類には、繁殖方法が2通りみられる。北方に起源をもつ北方系種(カサゴ類、ユメカサゴ類など)は卵胎生型であるが、南方系種(フサカサゴ類、オニカサゴ類、ミノカサゴ類など)は卵生型である。卵胎生魚は交尾によって受精し、仔魚(しぎょ)を産む。そのため雄には交尾器が発達し、その先端に輸精管と尿管が開いている。普通、雄は雌より早く成熟し、交尾後、雌は精子を体内に保存し、卵が熟すのを待って受精させる。卵生魚は寒天質状の物質に卵を包んで産む種類と、卵をばらばらに産み出すものとがある。

[尼岡邦夫]

カサゴ

和名カサゴSebastiscus marmoratusはメバル科に属し、北海道以南の日本各地、台湾、朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海に分布する。関西地方や高知地方ではガシラとよぶ。背びれに12本の棘と胸びれに通常18軟条があり、胸びれの上半分は截形(せっけい)状で、目の下縁に棘がないのが特徴。体側に5本の暗褐色の横帯がある。体色は沿岸では黒褐色であるが、深みに入るにつれて赤色が強くなる。雌雄ともに大部分は2歳で成熟する。卵胎生魚で、雄は10月に成熟し、交尾をする。精子は雌の体内で卵の成熟を待って、11月ごろから受精する。仔魚は12月から翌年2月ごろに3、4回に分け、1回に通常1~2万尾放出される。孵化(ふか)した仔魚は全長およそ4ミリメートル。全長8ミリメートルの後期仔魚では頭の後部背面に1本、および前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)域に3本とその上方に2本の棘が出現する。1年で全長7センチメートル、5年で19~23センチメートル、7年で20~25センチメートルぐらいになる。雄は雌より成長がよい。カサゴは危険を感じるとグーグーと発音する習性があるが、この音はうきぶくろを収縮することによって生じる。釣りの対象魚であるが、漁業上はおもに延縄(はえなわ)で漁獲される。肉は白身で固く締まり、ちり鍋(なべ)、刺身、煮物、フライなどにすると美味である。

 近縁種にはウッカリカサゴS. tertiusアヤメカサゴS. albofasciatusがあり、いずれも本州中部以南の深海にすむ。前種は胸びれが通常19軟条で、側線上方に明瞭(めいりょう)なふちどりのある円形の斑紋(はんもん)があることで、後種は目の下縁に棘があり、体側に黄色い虫食い状の斑紋があることで、それぞれカサゴと区別できる。

[尼岡邦夫]

釣り

船釣りのほか、(いそ)や防波堤でほぼ一年中釣れる。船釣りではとくに専門に釣ることは少ない。しかし移動しない魚なので、目的の魚が不調のときに、この魚を短時間釣ることもある。仕掛けはハリスを短めにして、餌(えさ)はサバ、ムロアジ、サンマなどの身を短冊型に切ったものを用いる。磯の場合でも餌は同じである。竿(さお)先の堅めのもので、岩礁の海溝状を落とし込むようにして探る。防波堤からも、捨て石や消波ブロックの間を探り歩くようにする。鉤(はり)掛り(根掛り)の多い岩礁帯などが釣り場だけに、予備仕掛けの所持が必要である。

[松田年雄]

調理

カサゴの身は白身であるが、白身魚としては比較的脂質が多い。旬(しゅん)は冬で、肉がしまっておいしくなる。煮つけ、みそ汁など、総菜(そうざい)料理としての利用が多い。煮つけは濃いめの味つけにすると、脂けが消える。から揚げ、ちり鍋にもよい。背開きにして塩干しにもする。

[河野友美・大滝 緑]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「カサゴ」の解説

カサゴ

カサゴ目フサカサゴ科(カサゴ科)の魚の総称,またはそのうちの1種を指す。日本産としてはカサゴ,アヤメカサゴ,メバル,ミノカサゴ,フサカサゴ,アコウダイなど72種を数える。代表的な種であるカサゴは地方名カシラ,アラカブカラコなど。全長25cmに達する。30cm余。体色は暗褐色から赤色までさまざま。北海道〜東シナ海に分布。磯や沖合の岩礁部にすむ。卵胎生。おもに釣で漁獲される。かなり美味。アヤメカサゴはやや深い所にすみ,体色も赤黄色を帯びる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カサゴ」の解説

カサゴ
Sebastiscus marmoratus

カサゴ目フサカサゴ科の海水魚。体長 30cm。色彩は暗褐色から赤色まで変異に富む。体は楕円形で側扁する。頭部のとげは強い。胎生で,日本では冬季から春季に仔魚を産む。食用に供される。北海道南部から東シナ海に分布し,沿岸岩礁域にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「カサゴ」の解説

カサゴ

 [Sebastiscus marmoratus].カサゴ目フサカサゴ科の海産魚.25cmになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報