コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシグロセンノウ

2件 の用語解説(フシグロセンノウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フシグロセンノウ

センノウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フシグロセンノウ
ふしぐろせんのう / 節黒仙翁
[学]Lychnis miqueliana Rohrb.

ナデシコ科の多年草。茎は直立し、分枝する。葉は卵形または長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~12センチメートル。夏から秋、茎頂に径約5センチメートルの朱色花をまばらに開く。萼(がく)は筒となり、長さ約3センチメートルで棍棒(こんぼう)状、先は5裂する。花弁の先は切れ込まない。山野の落葉樹林下に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。名は、節が暗紫色を帯びることによる。同属の別種センノウは観賞用に栽培される。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフシグロセンノウの言及

【センノウ(仙翁)】より

…そのほかにも,スイセンノウL.coronaria Desu.(ヨーロッパ原産),アメリカセンノウL.chalcedonica L.(英名Maltese cross,scarlet lychnis,Jerusalem cross,scarlet lightning,シベリア原産),サクラマンテマL.pendula L.(イラスト),コムギセンノウL.coelirosa Desr.(英名rose‐of‐Heaven),リクニス・ハーゲアナL.haegeana Lem.(エゾセンノウとマツモトセンノウの雑種)(イラスト)など数種が栽植される。 また日本には数種のセンノウ属Lychnis(英名campion)植物が野生しており,その代表であるフシグロセンノウL.miqueliana Rohrb.(イラスト)は落葉樹林の林縁によく見られる大型の多年草で,茎は高さ50cmから1mに達し,直立,節はふくらみ暗紫色を帯びる。葉は長さ約10cm,卵形から楕円形で,先はとがる。…

※「フシグロセンノウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フシグロセンノウの関連情報