コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシグロセンノウ

百科事典マイペディアの解説

フシグロセンノウ

センノウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フシグロセンノウ
ふしぐろせんのう / 節黒仙翁
[学]Lychnis miqueliana Rohrb.

ナデシコ科の多年草。茎は直立し、分枝する。葉は卵形または長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~12センチメートル。夏から秋、茎頂に径約5センチメートルの朱色花をまばらに開く。萼(がく)は筒となり、長さ約3センチメートルで棍棒(こんぼう)状、先は5裂する。花弁の先は切れ込まない。山野の落葉樹林下に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。名は、節が暗紫色を帯びることによる。同属の別種センノウは観賞用に栽培される。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフシグロセンノウの言及

【センノウ(仙翁)】より

…そのほかにも,スイセンノウL.coronaria Desu.(ヨーロッパ原産),アメリカセンノウL.chalcedonica L.(英名Maltese cross,scarlet lychnis,Jerusalem cross,scarlet lightning,シベリア原産),サクラマンテマL.pendula L.(イラスト),コムギセンノウL.coelirosa Desr.(英名rose‐of‐Heaven),リクニス・ハーゲアナL.haegeana Lem.(エゾセンノウとマツモトセンノウの雑種)(イラスト)など数種が栽植される。 また日本には数種のセンノウ属Lychnis(英名campion)植物が野生しており,その代表であるフシグロセンノウL.miqueliana Rohrb.(イラスト)は落葉樹林の林縁によく見られる大型の多年草で,茎は高さ50cmから1mに達し,直立,節はふくらみ暗紫色を帯びる。葉は長さ約10cm,卵形から楕円形で,先はとがる。…

※「フシグロセンノウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フシグロセンノウの関連キーワードガンピ(岩韮)逢坂草縫坂草節黒

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android