コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フバル[島](英語表記)Hvar

世界大百科事典 第2版の解説

フバル[島]【Hvar】

クロアチア南部,アドリア海沿岸の島。面積299.7km2,人口約2万。島の中心は南西岸のフバル(人口3000)。おもに石灰岩から成るが地中海性の気候に恵まれ,ブドウ酒,オリーブ油,ラベンダーの香水を産し,畜産,漁業が盛ん。ギリシア・ローマ時代の遺跡,中世ベネチア風の建造物が数多く残る。海水浴場も整備されていて,四季を問わず太陽を求める内外の観光客でにぎわっている。【田中 一生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフバル[島]の言及

【劇場】より

…また同じ17世紀には,ベネチアを中心とする大衆劇場の成立も見られ,平土間の周囲を何層もの桟敷席が囲む,以後ヨーロッパで一般的となる形態も確立された。これは貴族がその収入源として営んだもので,現存する最古の例はユーゴスラビアのフバル島にあり,1612年の竣工である。一方,旅役者の仮設舞台の伝統は古代からあり,各地にそれを下敷きにした民衆劇上演の舞台形式も発達していた。…

※「フバル[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android