コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライリヒラート Hermann Ferdinand Freiligrath

世界大百科事典 第2版の解説

フライリヒラート【Hermann Ferdinand Freiligrath】

1810‐76
ドイツの詩人。デトモルトに生まれ,商店員として働いた後,《詩集》(1838)の成功により文学に専念する。《信条告白》(1844),《サ・イラ》(1846),《現代政治社会詩集》(1849‐51)などの革命的な政治詩を発表して,三月革命前後のドイツの緊迫した政治状況のもとでベルギー,スイス,イギリスでの長い亡命生活を余儀なくされた。亡命中マルクスと知り合い,《新ライン新聞》の編集に協力した。【前田 彰一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フライリヒラート
ふらいりひらーと
Hermann Ferdinand Freiligrath
(1810―1876)

ドイツの詩人。デトモルトの貧しい家庭に生まれ、学業なかばで商店などに勤めるかたわら詩作の道に入る。英・仏ロマン派の影響を受け、『ライオン騎行』(1835)など独特の色彩感、異国情緒あふれる作品を発表、時の詩壇に新風を吹き込んだ。1844年、詩集『信念の告白』で政治詩人に転身して話題をよび、その後もマルクスの『新ライン新聞』などに数々の鮮烈な政治詩を発表した。代表作には『死者より生者へ』(1848)、『新ライン新聞訣別(けつべつ)の辞』(1849)などを含む『現代政治社会詩集』(1849~51)がある。晩年はその大半を亡命の地ロンドンで過ごすが、政治の世界から疎遠になるとともに、その詩の泉もしだいに涸(か)れていった感がある。[宮野悦義]
『井上正蔵訳『フライリヒラート詩集』(1948・日本評論社) ▽井上正蔵訳『ドイツ解放詩集』(河出文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フライリヒラートの関連キーワード6月17日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android