コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライリヒラート フライリヒラート Hermann Ferdinand Freiligrath

3件 の用語解説(フライリヒラートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フライリヒラート(Hermann Ferdinand Freiligrath)

[1810~1876]ドイツの詩人。ロマン主義から出発、のち政治詩を発表。詩集「現代政治社会詩集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フライリヒラート【Hermann Ferdinand Freiligrath】

1810‐76
ドイツの詩人。デトモルトに生まれ,商店員として働いた後,《詩集》(1838)の成功により文学に専念する。《信条告白》(1844),《サ・イラ》(1846),《現代政治社会詩集》(1849‐51)などの革命的な政治詩を発表して,三月革命前後のドイツの緊迫した政治状況のもとでベルギースイスイギリスでの長い亡命生活を余儀なくされた。亡命中マルクスと知り合い,《新ライン新聞》の編集に協力した。【前田 彰一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フライリヒラート
ふらいりひらーと
Hermann Ferdinand Freiligrath
(1810―1876)

ドイツの詩人。デトモルトの貧しい家庭に生まれ、学業なかばで商店などに勤めるかたわら詩作の道に入る。英・仏ロマン派の影響を受け、『ライオン騎行』(1835)など独特の色彩感、異国情緒あふれる作品を発表、時の詩壇に新風を吹き込んだ。1844年、詩集『信念の告白』で政治詩人に転身して話題をよび、その後もマルクスの『新ライン新聞』などに数々の鮮烈な政治詩を発表した。代表作には『死者より生者へ』(1848)、『新ライン新聞訣別(けつべつ)の辞』(1849)などを含む『現代政治社会詩集』(1849~51)がある。晩年はその大半を亡命の地ロンドンで過ごすが、政治の世界から疎遠になるとともに、その詩の泉もしだいに涸(か)れていった感がある。[宮野悦義]
『井上正蔵訳『フライリヒラート詩集』(1948・日本評論社) ▽井上正蔵訳『ドイツ解放詩集』(河出文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フライリヒラートの関連キーワード西ドイツハイネメーリケモルトケ統一ドイツドイツの小さな町メタモルフォーゼンリーダークライス

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone