コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラクション フラクションfraction

翻訳|fraction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラクション
fraction

ラテン語の fractioから出た言葉で,本来は「断片」を意味するが,普通は,ある組織から他の組織内部に送り込まれた支部組織をさしていう。その目的は他の組織内部における政治的指導性の確保や勢力拡張にある。おもに左翼政党が労働団体などの大衆的組織内部に党員機関,すなわちフラクションを組織し,政策の浸透や党勢力の拡大に努めるというように,フラクション活動は大衆指導,大衆動員のための戦術として用いられることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フラクション(fraction)

《小部分・破片の意》
政党が、労働組合や大衆団体などの組織の内部に設ける党員組織。フラク。
政党内の分派

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フラクション【fraction】

〔破片・断片の意〕
会社・組合などの内部に設ける政党などの支部・党員組織。フラク。
政党内の分派。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のフラクションの言及

【フラク活動】より

…フラクションfraction活動の略。政党が労働組合などの大衆団体の中にフラクションと呼ばれる党員の小グループを組織し,フラクションの組織的活動によって,大衆団体の活動方向を政党の政策や方針に合致させようとする活動。…

※「フラクション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラクションの関連キーワード全国産業別労働組合連合佐藤 和藤治逸見 重雄ピウスツキ周氷河地形民主化同盟マリニャク唐牛健太郎田中 稔男フラク活動佐藤 秀一クームベ岩雪食作用労働組合質量偏差地すべり霜食

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラクションの関連情報