コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリュギア語 フリュギアごPhrygian language

3件 の用語解説(フリュギア語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリュギア語
フリュギアご
Phrygian language

古代のフリュギアの地に行われていた言語。アナトリア諸語の一つ。時代の異なる2種の碑文から知られ,前8~5世紀の碑文の言語を古フリュギア語,紀元後数世紀に属する碑文の言語を新フリュギア語と呼ぶ。インドヨーロッパ語族に属する。アルメニア語の祖先であるという伝承が古代からあるが,言語学的には証明されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フリュギア語【フリュギアご】

インド・ヨーロッパ語族に属する。フリギア語とも。前8世紀ころに栄えた小アジアフリュギア人の言語で死語。前7世紀ころのわずかの碑文と,ローマ時代の80余の碑文があり,いずれもギリシア文字,またはこれに似た文字で書かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フリュギアご【フリュギア語 Phrygian】

インド・ヨーロッパ語族に属する言語。プリュギア語,フリギア語ともいう。古代のフリュギアの地から出土している資料は2層に分かれる。その古層は前8~前6世紀ころのもので25の短い碑文,新層はローマ時代(紀元後の数世紀)のもので約100の碑文からなり,ともにギリシア文字を使用している。ヘロドトスは,エジプト人がフリュギア人を世界で最古の民族と認めたという逸話の中にbekos〈パン〉というフリュギア語をあげているが,この形は碑文によって実証されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone