フリュニコス(英語表記)Phrynichos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前5世紀のギリシア喜劇作家。アリストファネスのライバルとしてしばしば言及されているが,作品は断片的に伝わるのみである。『一徹屋』 Monotroposの主人公は大の人間嫌いであるが,その性格設定はメナンドロスら新喜劇先駆をなすものであったかもしれない。『酒宴の客たち』 Kōmastaiは,前 415年のアルキビアデスらの事件を扱ったものであり,今日これが伝わらないことは惜しまれる。『詩女神たち』 Mūsaiでは前 406年ソフォクレスの死の直後,大悲劇作者の死をいたむミューズらがコロスとして登場している。ローマ帝政期の大学者ディデュモスが注釈書を著わしたといわれるが,これも伝わっていない。
前 500年頃アテネで活躍したギリシアの悲劇詩人。テスピスとともに悲劇創始者の一人。代表作『フェニキアの女たち』 Phoinissai。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

同名3人のギリシア人が知られている。いずれも生没年不詳。(1)180年ころ活躍したと推定される文法学者。古典期アテナイの悲劇・喜劇や散文文体を理想として厳密に遵守する〈アッティカ風擬古文〉運動の代表的な推進者となり,古典の規範にかなう単語を集成した《動詞名詞選》を作成して,古典期の名文を模倣するよう唱導した。この《動詞名詞選》そのものは残っていないが,その摘要が《アッティカ単語選》というで現在まで伝えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフリュニコスの言及

【タナトス】より

…ホメロスではヒュプノス(〈眠り〉)の兄弟,ヘシオドスではニュクス(〈夜〉)の子とされるが,いずれも抽象的な存在にとどまる。人格神としての彼は,英雄ヘラクレスがタナトスと格闘してアルケスティスを救うエウリピデスの悲劇《アルケスティス》や,シシュフォスにより河神アソポスの娘の誘拐犯人と暴露されて怒ったゼウスが,シシュフォスのもとへタナトスを遣わしたところ,狡猾なシシュフォスはタナトスをだまして縛り上げたため,軍神アレスがそのいましめを解くまで,しばらく死者が出なかったという前5世紀の作家フリュニコスの伝える話などに見いだされる。【水谷 智洋】。…

※「フリュニコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android