コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレネルゾーン Fresnel zone

3件 の用語解説(フレネルゾーンの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

フレネルゾーン【Fresnel zone】

ある点 P での波面の効果を考えるとき,P を中心として,半径 anλ/2(m=0,1,2,…)の球を考える(λ は波長である).これと波面との交線を描くと,同心の輪が生じる.二つの輪で囲まれた領域をフレネルゾーンフレネル帯)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フレネル‐ゾーン(Fresnel zone)

無線通信などで、電力損失をすることなく電波が到達するために必要とする領域。二点を中心軸とする回転楕円体となる。この領域内に障害物があると、強度が確保されなくなる。通常、エネルギー伝達に大きく寄与する第一フレネルゾーンを指す。フレネル帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フレネルゾーン【Fresnel zone】

フレネル帯ともいう。光源(電波源)Tから出た波長λの球面波の一つの波面を別の点Rを中心とし,半径がλ/2ずつ異なる多数の球面で切って分けた環状帯をいう。フランスの物理学者A.J.フレネルがこれにより種々の回折現象を説明したのでこの名がある。通信分野では,送受信アンテナの中間に考えた波頭面を分割して得られる環状帯をさし,マイクロ波通信における障害物や遮へい物による回折効果を考えるときにつごうがよい。図で,A0,A1,A2,……を,としたとき,環状帯A0A1,A1A2,……の部分をそれぞれ,第1フレネルゾーン,第2フレネルゾーン,……と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フレネルゾーンの関連キーワード電波源フレネルフレネル回折フレネルレンズビオ‐フレネルの法則フレネル‐アラゴの法則フレネル積分フレネルの複屈折理論フレネルミラーフレネル菱面体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone