フロー・チャート(読み)ふろーちゃーと(英語表記)flow chart

翻訳|flow chart

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゴリズム(計算の手順、算法)を図で表したもの。流れ図ともいう。のような記号を用い、計算の順序に従って線で結ぶ。アルゴリズムは、繰り返しがあったり、条件によって別々のことを行ったりするので、文章やプログラムだけで記録するには複雑すぎて理解しにくいことが多々ある。これをフロー・チャートで表しておけば、一目でその全貌(ぜんぼう)がわかる。FORTRAN(フォートラン)やアセンブリ言語でプログラムをつくるときは、まずフロー・チャートを書き、それに従ってプログラムを書き、プログラムとフロー・チャートの両方を見ながらデバッグ(誤りの修正)をするのがよい。

 プログラム言語によっては、フロー・チャートが書きにくかったり(関数型のLISP(リスプ)や述語論理をベースとしたPROLOG(プロローグ)のプログラム)、フロー・チャート的な考えでプログラムをつくることを奨励しない言語(goto(ゴーツー)を使わないことを原則としている言語)もあるが、FORTRAN、COBOL(コボル)、BASIC(ベーシック)などの伝統的なプログラム言語でプログラムをつくるときは、フロー・チャートの助けを借りることが多い。

[中西正和]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android