コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブチリンサン Prionodon pardicolor; spotted linsang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブチリンサン
Prionodon pardicolor; spotted linsang

食肉目ジャコウネコ科。体長 38cm内外。オビリンサンに似るが,それよりも体が小さく,体上面の斑紋も小さく,帯状にならず点状に並ぶ。体の地色は淡黄褐色。悪臭を出す臭腺はない。小鳥,ネズミ,昆虫などを食べる。動作が敏捷で,木登りが得意。日中は樹洞に隠れているが,夜間出てきて,食物をあさる。年2回,1産2~3子を産む。中国西南部,ラオスベトナムミャンマーネパールに分布し,森林にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブチリンサン
ぶちりんさん
spotted linsang
[学]Prionodon pardicolor

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科の動物。ネパール、アッサム、ミャンマー(ビルマ)北部、タイ、インドシナ半島まで分布する。頭胴長35~37センチメートル、尾長31~34センチメートル、体重4~5キログラム。オビリンサンに似るが体はやや小形で、オビリンサンのような縞(しま)模様がなく、体の地色は朽ち葉色、体背面に小さな黒色の斑点(はんてん)が縦に並ぶ。尾に8~10本の黒色輪がある。熱帯多雨林にすみ、海抜2000メートル以上の山岳地帯に多くみられる。木登りが巧みで、夜行性。樹洞に巣をつくり、2~8月に1産2子を産む。おもに小鳥を捕食する。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブチリンサンの言及

【リンサン】より

…東南アジアに2種,アフリカに1種が分布する。アジア産はオビリンサンPrionodon linsang(イラスト)とブチリンサンP.pardicolorで,体長35~45cm,尾長30~42cm,体重700g前後。体は灰色だが,白色を帯びたものから褐色を帯びたものまである。…

※「ブチリンサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブチリンサンの関連キーワードリンサン朽ち葉色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android