コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダガヤ

百科事典マイペディアの解説

ブッダガヤ

ボードガヤー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブッダガヤ
ぶっだがや
Buddh-gayBodh-gay

インド北東部、ビハール州の宗教都市ガヤーの南方約11キロメートルにある仏教遺跡。仏陀伽耶と音写する。尼蓮禅河(にれんぜんが)(サンスクリット語でナイランジャナーNairajanといい、現在はニーラージャナーNljanとよばれる)に臨み、もとウルビルバーUruvilv(サンスクリット語)と称した村であり、仏教の開祖釈尊がここで仏陀(ぶっだ)(悟った人)となったのでかくよばれる。釈尊の誕生、初転法輪(しょてんぼうりん)、入滅の地と並ぶ仏教四大聖地の一つである。釈尊は6年間の苦行ののち、この地の菩提樹(ぼだいじゅ)の下に坐禅(ざぜん)して悟りを開いたと伝えられるが、その菩提樹は何代も植え継がれ、釈尊の座ったと伝えられる石の台座(金剛宝座(こんごうほうざ)。紀元前3世紀ころアショカ王によってつくられたものと考えられる)も保存されている。ここには紀元前から僧伽藍(がらん)のあったことが発掘された遺品から推測され、法顕(ほっけん)(335?―421?)や玄奘(げんじょう)(600/602―664)の旅行記にも、その盛んなありさまが記録されている。現在、菩提樹の東に高さ約50メートルの大塔が立つが、これは6世紀ころ創建されたものとみられ、1880年から81年にかけて、イギリス人のA・カニンガムによって調査・修復されたものである。現在この周辺には、チベットをはじめとするスリランカ、ミャンマー(ビルマ)、タイ、中国、日本などの寺々が建てられており、近くの博物館には貴重な遺品が展示されている。[森 章司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブッダガヤの関連キーワードインドボダイジュ(印度菩提樹)ブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)ワットチャマティーウィーエインドーヤーパゴダグービャウッジー寺院ワットチェットヨートブッダガヤー大精舎ビハールシャリーフマハーボディパゴダグービャウヂー寺院ワットノーンブア五塔寺金剛宝座塔ガヤ(インド)サールナートチャイタニヤナーランダー印度山日本寺ブダガヤ大菩提寺尼連禅河

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブッダガヤの関連情報