コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウトラカミキリ ブドウトラカミキリXylotrechus pyrrhoderus

3件 の用語解説(ブドウトラカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブドウトラカミキリ
ブドウトラカミキリ
Xylotrechus pyrrhoderus

鞘翅目カミキリムシ科。体長9~14mm。体は細長く黒色で,前胸と小楯板は赤色,上翅に黄色の2横帯がある。触角は短く,上翅の中央部に達しない。成虫は夏から秋にかけて出現する。幼虫はブドウの茎に穿孔して害を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブドウトラカミキリ

カミキリムシ科の甲虫の1種。北海道を除く日本,朝鮮,中国に分布。体長12mm内外。黒色で,前翅基部にX形の黄紋があり,前胸背は赤色。成虫は夏に出現。幼虫はブドウの茎に食い入り,ときに加害樹の一部を枯死させることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブドウトラカミキリ
ぶどうとらかみきり / 葡萄虎天牛
[学]Xylotrechus pyrrhoderus

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州のほか朝鮮半島、中国にも分布し、ブドウの害虫として知られている。体長9~14ミリ。体は長形でやや後方へ細まり、黒色であるが前胸と中胸板は赤く、前胸は球形。上ばねは根元近くに小楯板(しょうじゅんばん)の直後を頂点として、両側縁に達する平たい三角の黄色紋があり、中央後方にも黄帯紋がある。成虫は7~10月ごろ現れる。幼虫はエビヅルなどにも加害する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブドウトラカミキリの言及

【トラカミキリ】より

…孵化(ふか)した幼虫は樹皮下を食べ,生育するにつれて材部へ穿孔(せんこう),幼虫で越冬,翌年の5月ころ蛹化(ようか),次いで成虫となる。 同属のブドウトラカミキリX.pyrrhoderusはブドウ類の枯れたつるや枯れた巻きひげの根もとなどに産卵。幼虫は樹皮下を食べてつるを枯らすため害虫として知られる。…

※「ブドウトラカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone