コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウトラカミキリ ブドウトラカミキリ Xylotrechus pyrrhoderus

3件 の用語解説(ブドウトラカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブドウトラカミキリ
ブドウトラカミキリ
Xylotrechus pyrrhoderus

鞘翅目カミキリムシ科。体長9~14mm。体は細長く黒色で,前胸と小楯板は赤色,上翅に黄色の2横帯がある。触角は短く,上翅の中央部に達しない。成虫は夏から秋にかけて出現する。幼虫はブドウの茎に穿孔して害を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブドウトラカミキリ

カミキリムシ科の甲虫の1種。北海道を除く日本,朝鮮,中国に分布。体長12mm内外。黒色で,前翅基部にX形の黄紋があり,前胸背は赤色。成虫は夏に出現。幼虫はブドウの茎に食い入り,ときに加害樹の一部を枯死させることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブドウトラカミキリ
ぶどうとらかみきり / 葡萄虎天牛
[学]Xylotrechus pyrrhoderus

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州のほか朝鮮半島、中国にも分布し、ブドウの害虫として知られている。体長9~14ミリ。体は長形でやや後方へ細まり、黒色であるが前胸と中胸板は赤く、前胸は球形。上ばねは根元近くに小楯板(しょうじゅんばん)の直後を頂点として、両側縁に達する平たい三角の黄色紋があり、中央後方にも黄帯紋がある。成虫は7~10月ごろ現れる。幼虫はエビヅルなどにも加害する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブドウトラカミキリの言及

【トラカミキリ】より

…孵化(ふか)した幼虫は樹皮下を食べ,生育するにつれて材部へ穿孔(せんこう),幼虫で越冬,翌年の5月ころ蛹化(ようか),次いで成虫となる。 同属のブドウトラカミキリX.pyrrhoderusはブドウ類の枯れたつるや枯れた巻きひげの根もとなどに産卵。幼虫は樹皮下を食べてつるを枯らすため害虫として知られる。…

※「ブドウトラカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブドウトラカミキリの関連キーワードシロスジカミキリトラフカミキリクサギカメムシ桑天牛天牛擬天牛白条天牛虎天牛花天牛クロカメムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone