コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライアン条約 ブライアンじょうやくBryan Treaties

2件 の用語解説(ブライアン条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライアン条約
ブライアンじょうやく
Bryan Treaties

アメリカが 1913年から 14年にかけて 30余国と結んだ平和の促進のための条約で,紛争の国際審査制度への付託を内容とする。国務長官 W.ブライアンの名を冠してこう呼ばれる。締約国間に起きた紛争は,国際紛争平和的処理一般議定書 (1907,ハーグ) による仲裁裁判に付託されるものを除いて,常設の国際委員会の審査に付託することを締約するもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライアン条約
ぶらいあんじょうやく
Bryan Treaties

1913年、W・J・ブライアンがアメリカ国務長官に就任して以来、外国と締結する条約のなかに、「外交上の調整手段に失敗した時は、常設国際委員会に付託して調査および報告」をなさしめて解決し、武力行使を避ける条項を挿入した。国際紛争の平和的解決手段として、国際審査制度を強調し、武力行使を避けることをうたったことから、この種の条約を「ブライアン条約」とよんでいる。[經塚作太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブライアン条約の言及

【国際審査委員会】より

…しかし,第2次世界大戦前国際審査委員会に付託されたのはわずか3件であり,戦後も62年のイギリス,デンマーク間のレッドクルセーダー号事件のみである。審査付託は義務的でなく,審査報告には拘束力はない等のため,改良の試みがノックス条約(1911),ブライアン条約(1913‐14)でなされ,第1次世界大戦後,国際調停制度へと発展した。国際紛争【芹田 健太郎】。…

※「ブライアン条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブライアン条約の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone