コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラギ Bragi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラギ
Bragi

北欧神話の詩と音楽の神。オーディンと女巨人グンレズの息子で,オーディンにより舌の上にルーン文字を記され,英雄の武勲を歌う役に任じられた。彼が黄金の竪琴を奏 (かな) で歌をうたうと,花が咲き木は芽を吹いたといわれ,冬を終らせ春を到来させる豊穣神的性質をもつ。妻はイズンという永遠の青春を神々に約束するりんごをもつ女神。オーディンの一面を表わすともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブラギ

北欧神話の詩歌,雄弁,知恵の神。オーディンの子でイズンの夫。一説に詩人ブラギ・ボッダソンBragi Boddason(9世紀?)の神格化とも。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラギ
ぶらぎ
Bragi

北欧神話の神。主神オーディンの子でイドゥンの夫。弁舌の才に優れ、詩の神とされるが、神話ではたいした役割をもたず、儀礼にも登場しない。『エッダ』の「ロキの口論」では、海神アエギルの館(やかた)に押し入ろうとするロキに入室を拒み、臆病(おくびょう)者、椅子(いす)の飾りとののしられる。ブラギはスカルド詩にもわずかにみられるだけで、オーディンの助言者とされ、史上最初の詩人とされる9世紀のブラギ・ボダソンの神格化とみる説が古くからある。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブラギの言及

【アース神族】より

スノッリ・ストゥルルソンの《エッダ》の〈ギュルビたぶらかし〉によると,14の男神と後にふれる女神たちを含む。男神の中ではオーディンとトールがとくに活躍するが,そのほかにバルドル,ニョルズNjörðr(風,海,火,豊饒の神),フレイFreyr(豊饒と平和の神),チュールTýr(戦士の神),ブラギBragi(雄弁と詩の神),ヘイムダル,ホズ(盲目の神。ヤドリギでバルドルを射る),バーリ(ホズを討つ),ビーザル(怪狼を倒しオーディンの仇を討つ),ウルUllr(名射手),フォルセティ(和解の神),ロキ。…

※「ブラギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラギの関連キーワードターロウシャン(大婁山)山脈キャンドルナッツツリーキョウリュウシルバーアジアのバイオ燃料トンツー(桐梓)県ナンヨウアブラギリ灯台草科・燈台草科エレオステアリン酸キリ油(桐油)ノルウェー文学アルト・パラナノギク(野菊)キリ(桐)油シマカンギクホイ(徽)県ハマカンギク金田六左衛門スカルド詩ヤトロファアブラギリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android