コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラショフ ブラショフ Braşov

2件 の用語解説(ブラショフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブラショフ(Braşov)

ルーマニア中央部の都市。ドイツ語クロンシュタットトランシルバニア地方の中心地であり、首都ブカレストに次ぐ同国第2の都市。12世紀から13世紀にかけて、ドイツ人やハンガリー人が入植し、先住のルーマニア人とともに居住。オスマン帝国西ヨーロッパを結ぶ交易の拠点として栄えた。ゴシック様式の黒の教会ルーマニア人のための初の学校が置かれたという聖ニコラエ教会ドイツ騎士団が築いたブラショフ要塞などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラショフ
ぶらしょふ
Braov

ルーマニア中部、ブラショフ県の県都。ドイツ語名はクロンシュタットKronstadt。トランシルバニアのブラショフ盆地にある。人口28万3901(2002)。12世紀にハンガリー人(セクイ)が進出し、先住のルーマニア人と共存した。さらにドイツ人(サシ)も移住し、現在ルーマニア人のほか、サシやセクイも多い。トラクター自動車鉄道車両工作機械などの工業が発達している。13世紀のスフント・バルトロメオ教会、14世紀の「黒の教会」、15世紀の要塞(ようさい)塔のほか、13世紀以後の建造物が多い。大学もあり、周辺の山地周遊を含む文化・観光都市でもある。[佐々田誠之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラショフの関連キーワードブラショブクロンシュタットエーガーシェースブルクスケイ地区聖ニコラエ教会ドルパットビルテルムヘルマンシュタットメーメルブルク

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラショフの関連情報