コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックモン ブラックモン Bracquemond, Félix

2件 の用語解説(ブラックモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラックモン
ブラックモン
Bracquemond, Félix

[生]1833.5.22. パリ
[没]1914.10.29. パリ
フランスの画家,版画家。 15歳のとき石版制作の徒弟として働き,H.ホルバインや E.ドラクロアの石版を彫った。 J.ギショーに師事。 1852年のサロン自画像を初出品。その2年後から版画を出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブラックモン【Félix Bracquemond】

1833‐1914
フランスの画家。調馬師,石版工房の雇いなどを経てギシャールJ.Guichardに絵画を学び,1852年サロン(官展)に初出品。59年マリー・キボロンMarie Quivoron(1841‐1916)と結婚。彼女はアングルの弟子で,1874年のサロンに初出品後,第4回印象派展(1879)に参加し,カサットモリゾーらとともに印象派の女流画家として名高い。ブラックモンは,しだいに油彩より版画に関心を移し,第1回印象派展(1874)に,多様な技法と主題の版画を出品する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のブラックモンの言及

【ジャポニスム】より

…さらに日本の開国とともに,江戸時代の美術工芸品が直接流入するようになり,中国とはちがった日本文化の特色が注目され,さらに,その美術工芸品に内在している固有の美学をフランスの文化・芸術に適用しようとする姿勢も生まれた。 1856年パリの版画家ブラックモンが,版元ドラートルA.Delâtreのところで陶器の包装詰物に使われて偶然送られてきていた《北斎漫画》を発見し,そのデッサンのすばらしさに驚嘆し,これを友人の画家マネ,ドガ,ホイッスラーや批評家シャンフルーリ,ビュルティP.Burtyなどに伝えたところから,やがて印象派を形成することとなる一群の若い画家たちの間に,日本美術に対する異常な関心が発生したといわれている。その真偽については異論がないわけではないが,60年代のブラックモンの作品のなかに,明らかに広重の《魚尽し》や《北斎漫画》から引用した図柄が現れたり,ホイッスラー,マネ,ティソJames Jacques‐Joseph Tissot(1836‐1902)などの絵画作品にジャポネズリーを描き加える例が目だつことは事実である。…

※「ブラックモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラックモンの関連キーワードアルトゥング調馬師フランスソワールマンデスフランス田舎のダンスフランスパン工房ぶらんこの絶好のチャンス優勢な曲線ラスクフランス岡村政子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラックモンの関連情報