ブラック・チェンバー(読み)ブラックチェンバー

百科事典マイペディアの解説

ブラック・チェンバー

暗号解読を目的とする秘密機関の通称。広く諜報(ちょうほう)機関をいう。この言葉はワシントン会議の際,日本政府から全権団への暗号電報を解読した米国暗号局長ヤードリーの著書《The American Black Chamber》(1931年)に由来。chamberは小部屋の意。その時ブラック・チェンバーは国務省の下で活動,1929年廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android