コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリオー ブリオー bliaud(bliaut)

2件 の用語解説(ブリオーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリオー
ブリオー
bliaud(bliaut)

ロマネスク時代 (11~12世紀) のヨーロッパの典型的なチュニック形式の表着。男女ともに着用された。羊毛,絹などの寛衣で,袖付きが一般であるが,なかには袖なしの上っ張り形式をとることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブリオー【bliaud[フランス]】

11世紀から13世紀にかけ,西欧の男女によって着用されたチュニック型の衣服。女子のものはぴったりした身ごろに長い袖がつき,裾も長く引き,ベルトを着けた。男子のものは袖はもっとせまく,脇裾にスリットが入り,同じくベルトを着けたが,戦場ではこの上に鎖帷子(かたびら)を着用した。素材はおもに毛織物であるが,のちには東方からもたらされた絹を用いたり,刺繡(ししゆう)や縁取りで飾られることもあった。労働者や兵士は一般に短いブリオーを着用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリオーの関連キーワードカウナスベラサグンフスタサンジュスト大聖堂サンミニアートアルモンテ教会タラント大聖堂ティターノ山ビエリチカニオロデュサヘルフープランド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリオーの関連情報