コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルイユ Breuil, Henri Édouard Prosper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルイユ
Breuil, Henri Édouard Prosper

[生]1877.2.28. マンシュ,モルタン
[没]1961.8.14. セーヌエオアーズ,リラダン
フランスの考古学者。青銅器時代のパリ盆地を研究したのち,先史時代の美術分野のパイオニア的存在となり,『アルタミラ洞窟』 La Caverne d'Altamira (1906) ,『フォンドゴーム洞窟』 La Caverne de Font-de-Gaume (10) などを出版。 1910年人類古生物研究所教授,29~47年コレージュ・ド・フランス教授,38年フランスアカデミー会員。第2次世界大戦中および戦後6年間アフリカ南部をまわり,多くの洞窟壁画をスケッチした。また旧石器時代編年に多大の貢献をした。『後期旧石器文化の細分とその意味』 Les Subdivisions du Paléolithique Supérieur et leur signification (12) は,ヨーロッパ旧石器文化の編年上の最大の業績である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルイユ【Henri Edouard Prosper Breuil】

1877‐1961
フランスの考古学者。モルタンMortain生れ。パリの人類古生物学研究所で,創設以来の先史人類学の教授として旧石器時代文化の研究に不朽の業績を残した。1901年にペイロニとともにレ・コンバレルフォン・ド・ゴームの洞窟壁画を調査し,旧石器時代のものであることを初めて明らかにした。またヨーロッパの旧石器時代文化の編年について,石核石器文化と剝片石器文化の2系列説を提唱した。その研究分野はヨーロッパだけでなく,アフリカの先史時代美術にも及んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルイユ
ぶるいゆ
Henri Edouard Prosper Breuil
(1877―1961)

フランスの考古学者。パリの化石人類学研究所教授、コレージュ・ド・フランスの教授などを歴任し、旧石器文化研究に一時代を画した。とくに層位学的観点からの後期旧石器時代の編年体系を確立したことで著名。前期旧石器時代についても、クラクトン文化段階とルバロア文化段階を設定した。また、ラスコー洞窟(どうくつ)の壁画研究でも知られ、これらを後期旧石器時代初期のものとした。[山下秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブルイユの言及

【アルタミラ】より

…壁画は,貝殻や動物の骨,焚火の跡とともに,1879年に発見された。発見者のサウトゥオラMarcelino de Sautuolaは旧石器時代のものと主張したが,学界の承認を得るにいたらず,1902年,フランスの考古学者カルタイヤックÉmile Cartailhacとブルイユの調査によって,サウトゥオラ説が確認された。壁画が集中しているのは,入口から30mほど入った左方にある,長さ18m,幅8~9mの部屋の天井(高さ1~2m)で,25頭の動物像が赤・黒・褐色で描かれている。…

【オーリニャック文化】より

…これはアルシー温暖期にあてられ,炭素14法によって3万0500年前ごろとされる。オーリニャック文化は,20世紀初頭,ムスティエ文化ソリュートレ文化の間に位置づけられ,その後H.ブルイユによって3期に区分された。さらにその前・中・後の各期はおのおのをシャテルペロン文化,オーリニャック文化,グラベット文化と呼ばれることになる。…

※「ブルイユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルイユの関連キーワードエミール カルタイヤックサッコパストーレ頭骨ブラントベルク[山]オーリニャック文化フォンテンブロー派フォンドゴーム遺跡ドゥニ ペイロニルフィニャック2月28日歪曲遠近法中石器時代ニオー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android