コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーキストン Blakiston, Thomas Wright

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブレーキストン Blakiston, Thomas Wright

ブラキストン

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレーキストン
ぶれーきすとん
Thomas Wright Blakiston
(1832―1891)

イギリスの軍人、実業家、動物学者。ブラキストンともよばれる。リミントン生まれ。陸軍士官学校を卒業して軍務につき、クリミア戦争に従軍。ロッキー山脈、揚子江(ようすこう)上流の探検に参加したのち、1862年(文久2)シベリアを経て北海道、箱館(はこだて)にくる。製材業、貿易商などを営む一方、北海道全域、択捉(えとろふ)島、小笠原(おがさわら)諸島などを探査し、鳥類を採集した。1884年(明治17)帰国、その後アメリカに渡って余生を送った。1883年、津軽海峡に動物分布上の境界線があり、その原因が過去の氷期にあるという見解を発表、これはお雇い外国人教師ミルンの提唱により「ブレーキストン線」とよばれる。[内田 謙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブレーキストンの関連キーワードブラキストン線氷河時代津軽海峡北海道八田線