コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロア ブロア Bloy, Léon

5件 の用語解説(ブロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロア
ブロア
Bloy, Léon

[生]1846.7.11. ドルドーニュ,ペリグー
[没]1927.11.3. パリ
フランスの小説家,ジャーナリスト。貧しい少年時代をおくり,若くしてパリに出る。バルベー・ドールビイの秘書を経てジャーナリストとなり,『こわし屋の言葉』 Propos d'un entrepreneur de démolitions (1884) で文名をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブロア
ブロア
Blois

フランス中部,ロアールエシェール県の県都。ロアール川中流右岸,オルレアンの南西約 56kmに位置する。6世紀に初めて記録に現れ,中世初期にはのちのカペー王家の先祖であるブロア伯家領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブロア(Blois)

フランス中部、ロアール‐エ‐シェル県の都市。同県の県都。ロアール川沿いに位置する。ルイ12世からアンリ4世まで1世紀にわたりフランス王が居住したブロア城がある。ロアール川流域の古城をめぐる観光拠点として知られる。ブロワ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブロア【Blois】

フランス中部,ロアール・エ・シェール県の県都。人口5万2000(1990)。パリの南西約177km,ロアール川右岸の高台にそびえる。ブロア城を中心に発達した城下町で,この地方の行政,商業,観光の中心である。現存するブロア城の最古の部分は13世紀に造営された三部会室とフォア櫓である。その周辺に,ゴシック様式からルネサンス様式への過渡期のルイ12世翼棟(1498‐1503)とサン・カレ礼拝堂(1498‐1503),ルネサンス様式のフランソア1世翼棟(1515‐24),古典主義様式のガストン・ドルレアン翼棟(1635‐38)などが隣接して建てられており,中世から近世までの建築史博物館の様相を呈している。

ブロア【Léon Bloy】

1846‐1917
フランスの作家。エルネスト・エロの感化で激越なカトリシスムを標榜。評論《こわし屋の言葉》(1884),自伝的小説《絶望した男》(1886)により,末期的症状を呈していた自然主義と同時代の凡庸な聖職者たちを痛罵。キリストの受難を歴史の中心にすえる苦悩観は第2の長編小説《貧しい女》(1897)にも引き継がれる。聖霊による第三の統治を説いて異端の臭いを放つ《ユダヤ人による救い》(1892),ユイスマンスブールジェを批判した《教会の最後の柱》(1903),ナポレオンを聖霊になぞらえた《ナポレオンの魂》(1912)などのほかに,《恩知らずの乞食》(1898),《絶対の巡礼者》(1914)などの表題をもつ日記8巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブロアの関連キーワードピエロンルネウエルネスピエロデラフランチェスカCNESフランス通り詩曲ピエロのトランペット仮面のロマネスク《フランソア・ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブロアの関連情報