コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロム剤(読み)ブロムざい(英語表記)bromide

翻訳|bromide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロム剤
ブロムざい
bromide

医療用として用いられるブロム (臭素 ) 化合物総称。カリウム塩,ナトリウム塩,カルシウム塩などの無機化合物と,アダリン,ブロムラールのような有機化合物とがある。一般に,無機化合物のほうが速効はあるが,効力の消失も速いのに対し,有機化合物のほうは遅い。ブロムイオンの作用により,中枢神経系に対し選択的かつ抑制的に働き,運動,思考の両機能を低下させ,睡眠に導く。神経症不眠症や,てんかんの発作防止などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロム剤
ぶろむざい

ブロム(臭素)化合物で鎮静・催眠作用をもつものの総称。ブロムカリウム、ブロムナトリウム、ブロムアンモニウムがある。いずれも水薬として昔はてんかんの治療や不安・緊張状態の鎮静に用いられたが、現在ではほとんど使用されていない。なお、ブロムワレリル尿素もブロムを含有するブロム剤の一種である。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android