コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロワリア Browallia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロワリア
Browallia

熱帯アメリカ原産のナス科の低木状多年草の1属。数種が知られるが,ブロワリアの名で観賞用に栽培されるのはルリマガリバナ B. demissa,マガリナデシコ B. grandiflora,タイリンルリマガリバナ B. speciosaなどである。葉は対生または互生し,花は青,菫,白色で,葉腋に単生するか総状花序となる。花弁は5枚で基部が筒状をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブロワリア

熱帯アメリカ原産のナス科の一年草または多年草で,10種ほどがある。夏場の鉢物,または花壇用一年草として,ルリマガリバナやタイリンルリマガリバナなどが栽培される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブロワリア【Browallia speciosa Hook.(=B.major Hort.)】

コロンビア原産のナス科の多年草。和名はタイリンルリマガリバナ。高さ30cm,粗く枝を分けて,葉腋(ようえき)に径3.6cmの美しい紫色または白色の花をつける。花冠は5深裂して一見星状に見えるが,花筒部は長く花心は白い。原産地では低木状となるが,ふつう秋まき一年草として取り扱う。種まきは9~10月,小鉢に3本植えとして,フレームまたは温室で越冬させると5月から開花するが,春まきとすれば夏~秋に咲く。育苗期も開花期も雨に遭わせないように育てるとよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロワリア
ぶろわりあ
[学]Browallia speciosa Hook.

ナス科。コロンビア原産の半低木であるが、園芸上は一年草として取り扱う。株は基部から分枝し、成長するにつれて倒れやすくなるので、吊(つ)り鉢かプランター植えにして観賞するとよい。花期は夏から秋と長く、各枝の葉腋(ようえき)ごとに多くの花を開く。花は淡紫色で、径4~5センチメートル。青、白色花の品種もある。繁殖は実生(みしょう)により、4月上旬~中旬に播種(はしゅ)し、フレームで育苗する。温室栽培の場合は、2月播(ま)きで6月に開花する。排水がよく、腐植質に富む用土を好み、種子は小粒なので、厚播きにならないように注意する。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブロワリアの関連キーワードGrandiflora厚播き

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android