コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシェミスル朝 プシェミスルちょう Přemyslové

2件 の用語解説(プシェミスル朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プシェミスル朝
プシェミスルちょう
Přemyslové

ボヘミアの王朝。伝承によれば農民プシェミスルを父として,最初の公ボジボイが誕生 (9世紀) 。その後 10世紀頃チェコ諸部族を統治して国家を形成。東フランク (ドイツ) 王 (962年より神聖ローマ皇帝) に臣従し,ハンガリーに対してドイツを支援 (→レヒフェルトの戦い ) ,以後次第に神聖ローマ帝国に対する位置を強化し,王位はウラティスラフ2世 (在位 1061~92) のとき終身制,オタカル1世 (在位 1191~93,97~1230) のとき世襲制となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プシェミスル朝
ぷしぇみするちょう
Pemyslovci

ボヘミアに栄えた西スラブ人の統一王朝(850?~1306)。オーストリアとの間で中央ヨーロッパの覇権を争った。第2代の侯バーツラフVclav(在位921~929)は、ドイツ勢力の干渉を排除するために、ドイツの宗主権を承認し、キリスト教(ローマ・カトリック)の普及に努めた。彼は死後、教会から聖者に列せられ、ボヘミアの守護聖人となる。11世紀末のブラティスラフ2世Vlatislav (在位1061~92)は、神聖ローマ皇帝より王位を得、さらに1198年、オタカル1世Pemysl Otakarは、世襲王位を獲得するなど、この王朝下で帝国におけるボヘミアの繁栄の基礎が固まった。1306年、バーツラフ3世Vclav の死で王朝は断絶。以後ボヘミアではルクセンブルク朝の支配が続く。[稲野 強]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプシェミスル朝の言及

【オタカル[2世]】より

…プシェミスル朝(900‐1306)のボヘミア王。在位1253‐78年。…

【チェコ】より


[民族王朝の成立]
 一方,ボヘミアでは大モラビア国末期の9世紀末にはすでにその支配を離れていた西スラブ諸族が,内部抗争を続けつつ統一の方向に進んでいた。そのなかでチェコ人を中心として諸部族を統合したのがプラハに本拠をおくプシェミスル家で,10世紀末までにはプシェミスル家の手でボヘミアは統一された(プシェミスル朝,900?‐1306)。歴代のプシェミスル侯は,ハンガリー,ポーランドと同様にドイツの圧力と戦いつつ,逆にその力を利用して,国内の君主制の強化・拡大を図った。…

※「プシェミスル朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プシェミスル朝の関連キーワードボヘミアボヘミア兄弟団ボヘミアガラスボヘミアングラスボヘミアの森からボヘミアンドリームボヘミアン・シェパード・ドッグバーツラフ[1世]ボヘミアのスイスボヘミアの森

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone