コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスチックフィルム

世界大百科事典 第2版の解説

プラスチックフィルム【plastic film】

二次元に広く延ばされた,通常厚さ0.1mm以下の薄いプラスチックシート。古くから天然セルロースを原料としたセロハンはよく知られていたが,フィルムが広く用いられるようになったのは近年のことである。第2次大戦後,〈ビニール〉と略称されたポリ塩化ビニルのフィルムが耐水性,強度にすぐれていたために,防水材料,雨具,包装材料として用いられたことに始まる。その後いろいろな合成樹脂から特徴のあるフィルムがつくられるようになり,それとともにフィルムの製造法も進歩した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラスチックフィルムの関連キーワードプラスチックフィルム・コンデンサーショーエイコーポレーションインフレーションフィルムshrink wrapウエットラミネーションフレキソグラフ印刷PhotoScan押出しコーティング有機薄膜型太陽電池インフレーション法ダブル・スコープ可変コンデンサーレトルトパウチ三井化学東セロ紙コンデンサー太平化学製品コンデンサーX線撮影装置レトルト食品簡易CA貯蔵

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラスチックフィルムの関連情報