コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリレプ

2件 の用語解説(プリレプの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プリレプ

マケドニアの中部の都市。肥沃なプリレプ盆地の中に位置する。中世にはこの地方の主要な中心地であった所で,当時に建てられた教会や城が残っている。周辺で栽培されているタバコ,果樹などの集散地で,皮革加工,織物,ブドウ酒製造なども行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリレプ
ぷりれぷ
Prilep

マケドニア共和国の都市。ペラゴニアPelagonija平原北部に位置する。面積1675平方キロメートル。人口5万6900、地区人口10万2300(2003推計)。地区のマケドニア人は88.8%を占める(1994)。トルコに対して戦った伝説的英雄として、この地域の口承叙事詩や伝説の主人公でもあるマルコ・クラルイェビチMarko Kraljevic(1335ごろ―94)の生誕地。14世紀中葉にプリレプを首都として君主を自称したブカシン王の息子でもある。彼の居城があったことから「マルコの塔の下にある町」とよばれる。古い城塞(じょうさい)は東ローマ帝国時代からのもので11世紀にさかのぼる。第二次世界大戦中にマケドニア共和国で最初の反ファシスト抵抗運動がここから始まったことにも現れているように、市民の気質は反骨の精神で知られる。マケドニア共和国のなかでは有数のタバコ栽培地帯で、大理石産業も有名。マケドニア共和国の貨幣はプリレプで鋳造されている。ミルチョ・マンチョフスキー監督の映画『ビフォー・ザ・レイン』(1994)はプリレプ近郊で撮影された。[大庭千恵子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone