コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルケリア Pulcheria, Augusta Aelia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルケリア
Pulcheria, Augusta Aelia

[生]399.1.19. コンスタンチノープル
[没]453. コンスタンチノープル
東ローマ皇帝マルキアヌスの妃。皇帝アルカディウスの娘。テオドシウス2世の姉として国政を見,終始ネストリウス派キリスト単性説に反対,正統的なキリスト論者レオ1世の要請に応じて,カルケドン公会議を開き,ネストリウス派の排斥に成功。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プルケリア【Pulcheria Aelia】

399‐453
ローマ帝国東帝アルカディウスの長女。祖父テオドシウス1世が築いた王朝と,彼が国教とした正統派キリスト教の護持に意を用い,自らと妹たちに禁欲生活を課し,弟テオドシウス2世にも宗教教育・帝王学を授ける。414年アウグスタ位を授与され,東ローマ政府内で大きな影響力を振るった。423年弟帝の結婚に際し宮廷から別邸に移ったが,皇妃エウドクシアとしばしば対立しながらも,貧者救済,教会建立,マリア信仰の後援などで人望を集め,政治面,とくに教会政策への影響力を保持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プルケリアの関連キーワードテオドシウス[2世]テオドシウス(2世)クリュサフィウスマルキアヌス1月19日アスパル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android