コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレオブラジェンスキー プレオブラジェンスキーPreobrazhenskii, Evgenii Alekseevich

4件 の用語解説(プレオブラジェンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレオブラジェンスキー
プレオブラジェンスキー
Preobrazhenskii, Evgenii Alekseevich

[生]1886
[没]1937
ソ連の政治家,経済学者。 1904年ボルシェビキに加入,20年党中央委員,党組織局員,党書記となった。党内民主主義の確立を主張して 21年にその地位を追われたが,「労働者民主主義」を要求し続け,また重工業の急速な発展を中心とする「社会主義的原始蓄積」の概念を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プレオブラジェンスキー

ロシアの政治家,経済学者。聖職者の家庭に生まれ,1901年より学生運動に参加,1903年共産党の前身であるロシア社会民主労働党に入った。1917年ロシア革命時にはチタで活躍し,1920年の第9回共産党大会で中央委員に選ばれ,政治局員,組織局員,書記局員を兼ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プレオブラジェンスキー【Evgenii Alekseevich Preobrazhenskii】

1886‐1937
ソ連邦の政治家,経済学者。1903年以来の共産党(当初はロシア社会民主労働党)党員。20年の第9回共産党大会で中央委員に選ばれ,政治局員,組織局員,書記局員を兼ねた。労働組合論争でトロツキー派についたため21年の第10回党大会では中央委員に再選されず,以後主として経済畑で活動した。1920年代を通じてトロツキー派の経済政策面での主要な理論家で,特にいわゆる〈社会主義的原始蓄積〉論で有名。27年に反対派として党を除名され,以後再入党と再除名を繰り返した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレオブラジェンスキー
ぷれおぶらじぇんすきー
Евгений Алексеевич Преображенский Evgeniy Alekseevich Preobrazhenskiy
(1886―1937)

ソ連の経済学者。1920年代にトロツキー派の代表的論客として活躍し、とくに工業化論争で「社会主義的原始蓄積」論を展開したことで知られる。1903年、当時のロシア社会民主労働党に入党、革命後、20年代には党中央委員も務めたが、27年に除名された。のち復党し、34年の第17回党大会で発言した記録が残っているのが最後で、37年に粛清されたと信じられている。[佐藤経明]
『救仁郷繁訳『新しい経済』(1967・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プレオブラジェンスキーの関連キーワードナンバースクール日活(株)中国映画岩石区東京大学チェンバレンチェコ文学華北分離工作朝鮮映画東宝(株)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone