プレスブルクの和約(読み)ぷれすぶるくのわやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「プレスブルクの和約」の解説

プレスブルクの和約
ぷれすぶるくのわやく

1805年12月、プレスブルクPressburg(現ブラチスラバ)において、オーストリアとフランスとの間に結ばれた和約。ロシアと結んだオーストリアは、同年のアウステルリッツの戦い(三帝会戦)でナポレオンに完敗し、第3回対仏大同盟は解体した。この和約によって、オーストリアは、ナポレオンの支配するイタリア王国にベネチア、イストリア、ダルマチアを割譲したほか、ナポレオンに味方したバイエルンにもチロールを割いた。またウュルテンベルク、バーデンに南西ドイツにおける領土の一部を割譲し、完全な主権を認めた。1806年ライン同盟が結成されて、中世以来の神聖ローマ帝国の解体は決定的になった。

[進藤牧郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「プレスブルクの和約」の解説

プレスブルクの和約【プレスブルクのわやく】

ナポレオン戦争中の1805年,仏・オーストリア間にプレスブルクPressburg(現ブラチスラバ)で結ばれた和約。オーストリアは北イタリア・南ドイツの所領をイタリア,バイエルン等に割譲,ナポレオンのイタリア支配を承認。第3回対仏大同盟は崩壊し,神聖ローマ帝国解体が決定的となった。
→関連項目アウステルリッツ会戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「プレスブルクの和約」の解説

プレスブルクの和約
プレスブルクのわやく
Preßburg

1805年12月,アウステルリッツの戦いに勝ったナポレオン1世がオーストリアと結んだ条約
オーストリアはナポレオン1世のイタリア支配を承認し,ヴェネツィア,イストリア,ダルマティアを失い,ここに第3回対仏大同盟は解体した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android