コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレスブルクの和約 プレスブルクのわやく

百科事典マイペディアの解説

プレスブルクの和約【プレスブルクのわやく】

ナポレオン戦争中の1805年,仏・オーストリア間にプレスブルクPressburg(現ブラチスラバ)で結ばれた和約。オーストリアは北イタリア・南ドイツの所領をイタリア,バイエルン等に割譲,ナポレオンのイタリア支配を承認。
→関連項目アウステルリッツ会戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレスブルクの和約
ぷれすぶるくのわやく

1805年12月、プレスブルクPressburg(現ブラチスラバ)において、オーストリアとフランスとの間に結ばれた和約。ロシアと結んだオーストリアは、同年のアウステルリッツの戦い(三帝会戦)でナポレオンに完敗し、第3回対仏大同盟は解体した。この和約によって、オーストリアは、ナポレオンの支配するイタリア王国にベネチア、イストリア、ダルマチアを割譲したほか、ナポレオンに味方したバイエルンにもチロールを割いた。またウュルテンベルク、バーデンに南西ドイツにおける領土の一部を割譲し、完全な主権を認めた。1806年ライン同盟が結成されて、中世以来の神聖ローマ帝国の解体は決定的になった。[進藤牧郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プレスブルクの和約の関連キーワードナポレオン[1世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android