プレート境界地震(読み)プレートきょうかいじしん(英語表記)interplate earthquake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「プレート境界地震」の解説

プレート境界地震
プレートきょうかいじしん
interplate earthquake

プレートテクトニクスにおいて,重い海洋プレート大陸プレートの下に沈み込む際の無理な力によって起こる地震海洋プレート沈み込み帯と呼ばれる海溝トラフで,大陸プレートを引きずり込みながら地球内部に沈む。このため引き込まれる大陸プレートにひずみが生じ,元に戻ろうとする力がプレート同士の固着面の摩擦力を上回ったとき,大陸プレートがはね上がって地震や津波を引き起こす。日本列島は海洋プレートの太平洋プレートとフィリピン海プレート,大陸プレートの北アメリカプレートとユーラシアプレートの上に載っており,これら 4枚のプレートの動きによって複雑な力がかかり,地震が多発する。プレート境界地震は規模の大きいものが多く,しばしば巨大地震となる。1946年の南海地震,2003年の十勝沖地震,2011年の東北地方太平洋沖地震などはこれにあたる。プレート境界地震は,海洋プレート内部で発生する地震と合わせて海溝型地震と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「プレート境界地震」の解説

プレートきょうかい‐じしん〔‐キヤウカイヂシン〕【プレート境界地震】

地球の表面を構成するプレートとプレートの境界面で起こる地震。予想される東海地震はフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に潜り込むときに生じるひずみが原因で発生するといわれる。→プレートテクトニクス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android