プロテウス菌(読み)プロテウスきん

  • プロテウス菌 Proteus

百科事典マイペディアの解説

ヒトや動物の腸内,糞便(ふんべん),下水などに広く分布するグラム陰性杆(かん)菌の一属。長さ1.5〜4μm,幅0.5〜0.8μm。周囲に多くの鞭毛(べんもう)を有して固形培地上を活発に運動するので限局した集落をつくりにくく,培地全面に薄い菌苔(たい)をつくることから,ギリシア神話の変幻自在なプロテウスにちなんでこの名がある。X菌群とよばれるグループのものは発疹チフスツツガムシ病のリケッチアと共通抗原をもつため,これらの病気の診断(ワイル=フェリックス反応)に凝集抗原として用いられる。→グラム陰性菌杆菌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

腸内細菌科に属する細菌の一属で,ブルガリスP.vulgaris,ミラビリスP.mirabilis,モルガニイP.morganii,レットゲリP.rettgeriの4種がある。プロテウス属は長さ1.5~4μm,幅0.5~0.8μmの杆菌であるが,多形性が強く糸状になることがある。グラム陰性で周毛性鞭毛をもち,活発に運動を行う。普通培地によく発育する。活発な運動性のために,平板培養では培地全面に膜状に急速に広がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android