コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトプラスト プロトプラストprotoplast

翻訳|protoplast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロトプラスト
protoplast

原形質体。植物細胞から細胞壁を取り除いた細胞をいう。細胞壁溶解酵素によって細胞壁を処理したプロトプラストは等張溶液中にしか生存できないが,細胞融合や高分子物質の取込みといった性質を示す。こうした特質を生かし,自然界では交配不可能な細胞雑種を作ることに成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プロトプラスト

植物,細菌,酵素などの細胞の細胞壁を,細胞壁溶解酵素で処理して取り除いたもの。原形質体とも呼ばれる。植物や微生物の細胞融合には,このプロトプラスト化が不可欠であり,外来遺伝子を導入する際にも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

プロトプラスト

 原形質,原形質体ともいう.細胞内部の全体で細菌や植物では細胞の細胞壁を除いた部分.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

プロトプラスト【protoplast】

細菌や植物細胞から細胞壁を取り除いたもので、細胞膜に包まれた原形質の塊。高分子物質の取り込みや細胞融合などの現象を示すため、異種間雑種の形成やウイルス感染の実験などに利用する。原形質体。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

プロトプラストの関連キーワードバイオテクノロジープロトプラスト培養細胞質遺伝建部 到組織培養栄養繁殖菌株育成細胞工学夢ごこち建部到