ヘイズ(Isaac Hayes)(読み)へいず(英語表記)Isaac Hayes

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイズ(Isaac Hayes)
へいず
Isaac Hayes
(1942―2008)

アメリカのソウル・ミュージック・シンガー。たくましく真っ黒な裸の上半身に大きな金のネックレス、つるつる頭と黒いサングラス、それに加えて堂々としたバリトン・ボイス……と、1960年代から70年代初めにかけてのブラック・パワーの盛り上がりを具現化したような異形で一躍人気者になった。「ソウル・ミュージックのワーグナー」「黒いモーゼ」ともよばれる。

 テネシー州西部のコビントンの生まれ。幼いころから教会で歌い、独学でピアノやサックスを学んだ。歌手になろうといくつかのレコード会社でシングル盤を吹き込んだもののうまくはゆかず、レコーディング用のバック・バンド、マーキーズにサックス奏者として参加した。マーキーズは、ソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・バンドとして有名なブッカー・T&ザ・MGズの前身ともいえるバンドで、彼らはメンフィスのスタックス・レコードをベースに数多くの名演を残している(ヒット曲には1961年の「ラスト・ナイト」がある)。ヘイズは、このマーキーズからスタートし、スタックスのプロダクション・チームの一人として徐々に頭角を現すようになっていった。ヘイズはデビッド・ポーターDavid Porter(1941― )とコンビを組み、サム&デーブやカーラ・トマスCarla Thomas(1942― )、ジョニー・テーラーJohnnie Taylor(1938―2000)などに多くの曲を提供した。とくにサム&デーブの「ホールド・オン! アイム・カミング」など一連のビッグ・ヒットは、ヘイズら裏方の才能を余すところなく伝えていた。

 シンガーとしてヘイズが脚光を浴びるのは、1969年のアルバム『ホット・バタード・ソウル』からで、ファンク・ビートにセクシーな語りや歌をのせてドラマティックに盛り上げていく彼のスタイルは、71年の『黒いジャガー』のサウンドトラック盤『シャフト』Shaftで最大の効果を生み出すことになる。黒人映画(ブラック・シネマ)が量産された70年代初め、ゴードン・パークスGordon Parks(1912―2006)監督による『黒いジャガー』はその火付け役となった作品だったが、当時の黒人のイメージを徹底的に引き出したヘイズの音楽は、彼の漫画的ともいえるファッションとともに強烈なパワーを発散し、いやがおうにもこのブラック・シネマのブームを盛り上げたのである。大ヒットとなった「シャフトのテーマ」は、71年のオスカー(ベスト・ソング賞)とグラミー(ベスト器楽編曲賞)の両賞を獲得するという、アメリカの黒人音楽にとっては初めての快挙となった。

 ヘイズはその後、ディスコ・ブームに焦点を当てた『チョコレート・チップ』(1975)をヒットさせゴールド・アルバムにする。77年にディオンヌ・ワーウィックDionne Warwick(1940― )、79年にはミリー・ジャクソンMillie Jackson(1944― )と共演している。80年代に入り俳優業が忙しくなって、音楽をやめていた時期もあった。

 2001年、華々しいデビューをはたしたアリシア・キーズAlicia Keys(1981― )の『ソングス・イン・A・マイナー』にベテラン・アレンジャー、キーボード奏者として参加。ラップの流行が本格化した80年代以降も、ヘイズが若い黒人ミュージシャンから畏敬の念を抱かれているという事実の一端を知らせた。

藤田 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android