コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘウムノ Chełmno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘウムノ
Chełmno

ポーランド北部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の都市。ドイツ語ではクルム Kulm。ビドゴシュチの北東約 40kmのウィスワ川右岸に位置する。 10世紀の要塞。 1230年からドイツ騎士団の本拠地の一つ。 14世紀ハンザ同盟に加わり繁栄。 1466年ポーランド領となったが,1772年プロシア領となり,1920年返還された。煉瓦,家具などの製造業が行なわれる。多くの中世の遺跡があり,観光地としても有名。人口約 10万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘウムノ【Chełmno】

ポーランド中北部,トルン県の都市。人口2万2000(1995)。ビスワ川中流右岸に発達する商工業都市で,周辺の農業地域の中心地の一つ。10世紀に城塞を築いた古い歴史をもつが,1231年にドイツ騎士修道会が都市建設を開始して発展し,14世紀には重要な手工業と商業の中心地となり,ハンザ同盟に加盟した。1466年,プロイセンからポーランドに返還されたが,1772年から1920年までは再びプロイセン領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘウムノの関連キーワードハインツ グデーリアンアウシュビッツグデーリアン絶滅収容所

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android